サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初日トップのボッタス「ドライではショートランもロングランも好調だが、ウエットでは未知数」メルセデス/F1第15戦

ここから本文です

 2021年F1ロシアGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=1番手/2=1番手という結果だった。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス
フリー走行1=1番手(1分34秒427:ソフトタイヤ/25周)/2=1番手(1分33秒593:ソフトタイヤ/19周)

ロシアGP FP2:ソチを得意とするボッタスが初日最速、メルセデス1-2。ガスリーが3番手に続く

 タイムとマシンに対する自分の感覚に基づいて見れば、いい一日だった。最初のランから自信を持って走ることができたし、バランスがすごく良かったので、自分のドライビングに集中して、少しずつタイムを縮めていくことができた。

おすすめのニュース

サイトトップへ