サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型車開発なぜ長期化? 「昭和」は4年だったのに「令和」は10年超!!

ここから本文です

 クルマの新車モデルサイクルが長期化しています。

 古いクルマ好きなら「新型車はデビューしてから2年たったらマイナーチェンジ、4年たったらフルモデルチェンジ」と言われていた時代をよく覚えているはず。

三菱の虎の子 新型アウトランダー「2/16オンライン公開」突如発表!! 発売は今年秋か

 たとえばクラウンは6代目が1979年に登場しており、7代目はきっちり4年後の1983年発売、8代目は1987年、9代目91年、10代目95年の発売です。きれいに4年サイクルで発売しています。

 しかしここ最近の日本市場における新車のラインアップを見てみると、発売から5年以上経過しているモデルはザラ。

おすすめのニュース

サイトトップへ