サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フェラーリが812スーパーファストの限定車を公開。外観もエンジンも大幅変更でレースマシン風に

ここから本文です

フェラーリが812スーパーファストの限定車を公開。外観もエンジンも大幅変更でレースマシン風に

フェラーリは、FRスーパースポーツ「812スーパーファスト」をベースにしたリミテッドモデルを、現地時間5月5日にオンライン上でワールドプレミアすると発表した。

限定車が搭載するパワーユニットは、自然吸気V12。65度のバンク角を持つ伝説的エンジンは、ベースモデルに比べプラス30cv増の最高出力830cvにまで強化され、最高回転数も9500rpmに引き上げられている。こうしたパフォーマンスアップのため、フェラーリは主要コンポーネントの多くを再設計し、新バルブタイミング・メカニズムと新排気システムを採用したとのことだ。

圧倒的なパワーとともにハンドリング性能も向上。四輪独立ステアリングにより応答性がアップしたほか、車両重量削減のためエクステリアとコクピットには幅広くカーボンファイバーが使用されている。また、最新のビークル・ダイナミクス・システムとして「サイドスリップ・コントロール7.0」がデビューを飾ることも見逃せない。

エクステリアでは、エアロダイナミクスの追求によってボディラインが大きく変化。フロント・エアインテークやリアディフューザーのデザインが一新されたほか、リアスクリーンは、ガラスから一体成形のアルミニウム構造に変更されている。さらに、リアスクリーンには意図的に気流を乱して空気抵抗を削減するボルテックス・ジェネレーターも装備し、空力特性が向上するとともに車両の彫刻的フォルムが強調された。ほかにも、ボンネットを横切るカーボンファイバー製ブレードやリデザインされたリアスポイラーによって、ルックスはコンペティションカーのような印象が強まっている。
 
インテリアの主要部分は812スーパーファストから受け継ぐが、ドアパネルは軽量化のため再設計を受け、センタートンネルにもH型ゲートのテーマを導入。こうした小変更により、ニューモデルのコクピットはスポーティかつモダンなイメージを強めた。

今や希少種となった大排気量NAスーパーカー。完売は必至だろうが、ぜひ実車を見てみたいところだ。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します