サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】クアルタラロ「19でMotoGPに来ると、上手く行かなければWSBKやMoto2……」現王者も初期に苦悩

ここから本文です
 MotoGP2021年シーズンのチャンピオンであるヤマハのファビオ・クアルタラロ。彼は若くしてMotoGPクラスに到達した時、成功を収めるか、はたまたWSBK(スーパーバイク世界選手権)行きかというプレッシャーに対処しなければならなかったと語っている。

 クアルタラロがMotoGPクラスにデビューしたのは2019年。当時19歳と非常に若くして最高峰クラスへとたどり着いた。当初はその実力に疑問視もされていたが、結果的にクアルタラロは最年少ポールポジション獲得記録を更新する速さを見せ、2021年には王者になるなど、実績を残している。

おすすめのニュース

サイトトップへ