サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “映像学習”でスタート改善! ジョビナッツィが進歩見せた2020年振り返る

ここから本文です

 アルファロメオから2019年にF1フル参戦を果たしたアントニオ・ジョビナッツィは、スタート改善に取り組んだことにより、2020年の好結果に結びついたと振り返った。

 彼はデビューイヤーに引き続き、2020年シーズンも引き続きキミ・ライコネンとのコンビを継続。そして予選では17戦中9戦でライコネンを上回った。

■F1、2021年開催カレンダーを改訂。開幕戦はバーレーンに……豪州は11月に延期

 総獲得ポイントが8と、アルファロメオ自体にとっては2020年は厳しいシーズンだった。しかしジョビナッツィは着実な進歩を示すことで、2021年のシートを勝ち取ることに成功した。

おすすめのニュース

サイトトップへ