サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガー・ランドローバー、ディフェンダー 新型など160台以上を全世界に配備…新型コロナウイルス対策を支援

ここから本文です

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は3月30日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と戦う緊急対応組織の活動を支援するために、世界中で160台以上の車両を配備した、と発表した。

例えば、イギリス本国では、27台の新型ランドローバー『ディフェンダー』を含む合計57台の車両が、赤十字に配備された。支援が必要な英国全土において、外出できない人々に医薬品や食品を届けている。

また、ジャガー・ランドローバーは、スペイン、フランス、南アフリカ、オーストラリアにおいて、赤十字社に65台以上の車両を貸与する。

おすすめのニュース

サイトトップへ