サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、2022年3月期は増収増益へ 世界販売100万台に回復

ここから本文です
 スバルが11日に発表した2021年3月期通期連結業績は、2期ぶりの減収減益となった。世界販売台数は第2四半期(7~9月期)以降、北米市場を中心に回復基調に入ったが、21年初めからの半導体供給不足の影響を受け、5年ぶりに100万台を割り込んだ。ただ、22年3月期通期の連結販売は北米を中心に回復を見込み、新型コロナウイルス禍前と同水準の100万台を計画する。

 世界販売実績は前年同期比16・8%減の86万台となった。国内は10万2千台、米国は61万2千台。販売管理費の圧縮や保証修理費の減少により諸経費などが減少したが、販売台数の減少が響き営業利益は同51・3%減となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン