サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA:「打ち合わせはZoom」とマツダのティンクネル。セブリング戦にも自信「クルマが速いことは分かっている」

ここから本文です
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手戦のシーズン再開レースとなった第2戦デイトナ2時間40分レースで見事なワン・ツー・フィニッシュを成し遂げたマツダモータースポーツは、7月18日決勝の第3戦セブリングでも連勝をマークすべく、懸命な努力を続けているという。

 マツダのチームメンバーとドライバーは、デイトナからセブリングの間も新型コロナウイルスの脅威を緩和するため、慎重に過ごした。ドライバーのハリー・ティンクネル、オリバー・ジャービス、トリスタン・ヌネスはフロリダ州の暑さのなかトレーニングをこなし、酷暑が予想されるセブリングのスプリントレースに備えてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン