サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ブラックバッジは黒でなくてもいい…ロールスロイス「ネオンナイト」発表、自然界に着想した色

ここから本文です

ブラックバッジは黒でなくてもいい…ロールスロイス「ネオンナイト」発表、自然界に着想した色

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は11月24日、『ドーン』、『レイス』、『カリナン』の「ブラックバッジ」に限定モデル、「ネオンナイト」を設定すると発表した。

◆若い顧客に訴求するブラックバッジ

3台とも、ベース車両はブラックバッジだ。ロールスロイスのブラックバッジは、若い顧客に訴求するモデルで、ボディカラーは黒がメインだ。ネオンナイトは、「ブラックバッジは黒でなくてもいい」という考え方を、再確認するために開発された。ネオンナイトでは、ロールスロイスのビスポークパレットに新しい色を追加している。

ネオンナイトは、自然界からインスピレーションを得た色をまとうブラックバッジの活気に満ちた最新作だ。エキゾチックな植物や動物に触発された鮮やかなカラーを採用している。

新開発のビスポークペイントは、オーストラリアの緑のアマガエル、ハワイの木の花、エキゾチックな蝶など、自然界からヒントを得て開発された。これらの限定された色合いは、ブラックバッジの色をより大胆に示し、強い個性を表現したい世界中の顧客にアピールするという。

◆3モデルそれぞれに明るい専用カラーを開発

クーペのレイスのブラックバッジでは、オーストラリアのグリーンツリーフロッグをモチーフとして、明るい色合いの「ライムロックグリーン」で仕上げられている。これは、ロールスロイスのビスポークペイントスペシャリストがシドニー北部のタムワースを訪問した際、最初に出会った動物だという。インテリアはシヴァログレーレザーで覆われ、ステッチとパイピングには、ライムロックグリーンのアクセントが添えられた。

オープンカーのドーンのブラックバッジのために開発された「イーグルロックレッド」は、ハワイ原産の常緑樹の「オヒアレフア」の花をモチーフにしている。インテリアは、鯉レッドのステッチとパイピングのディテールが施されたセルビーグレーレザーで仕上げられている。

SUVのカリナンのブラックバッジでは、エキゾチックな蝶、「レトゥスペリアンダー」にインスピレーションを求めた。ペリアンドロスのメタルマークとして知られるこの蝶は、中南米で見られる種だ。その羽の活気はカリナンの車体に、ミラボーブルー仕上げで忠実に表現された。ライムロックグリーンとアークティックホワイトレザーのインテリアは、高いコントラスト効果を発揮する。

◆2019年の「ペブルビーチコレクション」がブラックバッジの色の概念を変えた

3台すべてのブラックバッジでは、テクニカルファイバーフェイシアを専用グラフィックで装飾した。このペイントは、強いネオンの輝きを放つ効果を発揮するという。

ネオンナイトは、ゴースト、レイス、ドーンをオーダーメイドのパステルカラーで仕上げた「ペブルビーチ2019コレクション」の流れに沿って登場した。パステルカラーをまとったペブルビーチ2019コレクションは、ブラックバッジの新しいダイナミックな色の方向性に影響を与えたという。

ロールスロイスは、ブラックバッジのバリエーションはすべて黒でなければならないという先入観は、ネオンナイトのカラーによって一新される、としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します