サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マッチョでワイルド ゲレンデ超え!? 新型ランクル300 GR SPORTの凄い中身

ここから本文です

マッチョでワイルド ゲレンデ超え!? 新型ランクル300 GR SPORTの凄い中身

 先日オンラインで概要が公開された新型ランドクルーザー300には、GR SPORTが設定されることが明らかになった。

 トヨタのスポーツブランドである、GRがフルサイズSUVのランクル300まで設定されたのに驚かされたが、そもそも現在トヨタの各車に設定されるGR SPORTをはじめとしたGRブランドのモデルは2017年にリニューアルされた際に、スタートしたものだ。

横綱トヨタは何がすごいのか?? 国内一強を突き進むトヨタのガチな実力と進化の理由

 なお、GRはザックリというとトヨタのモータースポーツ活動、GRヤリスや次期86となるGR86といったスポーツモデルそのものや、各トヨタ車にバリエーションとして設定されるスポーツグレードとなるコンプリートカーの開発などを行う部門で、日産のニスモやスバルのSTIに相当する組織である。

 そこで、新型ランドクルーザー300 GR SPORTの解説とともに、GRMN、GR SPORTといったGRブランドのモデルのポジションなどを自身もGRヤリスに乗るモータージャーナリストの永田恵一氏が解説する。

文/永田恵一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】まさかのGR設定に驚愕!! 新型ランドクルーザー300 GR SPORT見参!!

■新型ランドクルーザーGR SPORTはどうなる?

新型ランドクルーザー300に設定されたGR SPORT。価格はガソリン7人乗りが770万円、ディーゼル5人乗りが800万円

 真っ先に新型ランドクルーザー300のGR SPORTが見たい! という人のために、どんな内容なのかお伝えしておこう。考えてみるとGRのコンプリートカーはこれまでは、あとから加わっていただけに、新型ランドクルーザー300には新車登場と同時にGR SPORTがラインナップに加わっているのは凄いことだ。

ほかのグレードと違い、TOYOTAとGRのエンブレムがグリルに燦然と輝く

 まずは新型ランドクルーザーGR SPORTの価格。ガソリン7人乗りが770万円、ディーゼル5人乗りが800万円。

 ちなみにそのほかのグレードの価格は、エントリーモデルのGX(ガソリン5人乗り)は510万円、AX(ガソリン、7人乗り)は550万円、VX(ガソリン、7人乗り)は630万円、ZX(ガソリン、7人乗り)は730万円、ZX(ディーゼル5人乗り)は760万円。

 GR SPORTのエクステリアはほかのグレードと差別化され、TOYOTAのエンブレムがグリル中央に入り、グリル右下やボディサイド、リアなどにもGRエンブレムが装着される。

グリル右側に装着されたGRエンブレム

 ボディサイズは、全長がVX、AX、GXと比べ15mm長く、最上級グレードのZXに比べ20mm短い。全幅は1990mmとほかのグレードよりも10mmワイドとなり、全高1925mm、ホイールベース2850mm、最低地上高225mmは同じ。

 そのほか、電動格納式リモコンドアミラー、ホイールアーチモール、ロッカーモールがGR専用(ブラック)となり、リアマッドガードもGR専用品。

ボディサイドに装着されたGRエンブレム

 7.5J×18サイズのアルミホイール(タイヤサイズは265/65R18)がスーパークロームメタリック塗装から、マットグレー塗装になる。ちなみに最上級グレードのZXは8J×20サイズ、タイヤは265/65R20タイヤとなる。

 フルタイム4WDトルセンLSD(センターデフ付き)トランスファーは全車標準となる。

こちらは最上級グレード、ZXのフロントマスク

 ダブルウィッシュボーンのフロントサスペンション、トレーリングリンク車軸式リアサスペンションはGR SPORT専用にチューニングが施され、接地性が向上するE-KDSS(エレクトロニック・キネティック・ダイナミックサスペンション)はGR SPORTにしか設定されない。

 また電動デフロックはほかのグレードはリアのみだが、GR SPORTはフロント、リアに設定。

E-KDSS(エレクトロニック・キネティック・ダイナミックサスペンション)はGR SPORTのみの設定

 そのほか、AVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム)や走行路面を判定し、自動でモード選択するマルチテレインセレクト、ドライバー視点で障害物を直感的に可視化できるマルチテレインモニター、5つのドライブモードが選べるドライブモードセレクト(エコ/コンフォート/スポーツS/スポーツS+)を装備。

GRエンブレムが入るGR SPORT専用の本革シート(一部合成皮革)

 インテリアは本革巻き3本スポークステアリングがGRロゴ入りの切削カーボン調となり、フロントコンソールアッパーパネル、ドアアームレストも切削カーボン調(ZXはウォールナット杢目調、VXはゼブラウッド杢目調、AX、GXはブラックメタリック調)となる。

 フロントシートは運転席、助手席ともにGRエンブレム入りの本革ブラック&ダークレッドの電動8ウェイ式。

 エクステリア、インテリア、足回りと、GR専用のチューニングやパーツが装備されており、オン/オフでの走りが期待できる。

マットグレーの7.5J×18インチのアルミホールをはじめ、電動格納式ドアミラー、ホイールアーチ、ロッカーモールがGR専用のブラック塗装となる


■新型ランドクルーザー300 GR SPORT 5人乗り 3.3Lディーゼル 800万円
●全長×全幅×全高:4965×1990×1925mm
●ホイールベース:2850mm
●最低地上高:225mm
●車両重量:2560kg
●エンジン:F33A-FTV型3345cc、V6インタークーラー付きツインターボディーゼル
●最高出力:309ps/4000rpm
●最大トルク:71.4kgm/1600~2600rpm
●WLTCモード燃費:9.7km/L

■新型ランドクルーザー300 GR SPORT 7人乗り 3.5Lガソリン 770万円
●全長×全幅×全高:4965×1990×1925mm
●ホイールベース:2850mm
●最低地上高:225mm
●車両重量:2560kg
●エンジン:V35A-FTS型3444cc、V6インタークーラー付きツインターボ
●最高出力:415ps/5200rpm
●最大トルク:66.3kgm/2000~3600rpm
●WLTCモード燃費:7.9km/L

■GR前夜を知る!

スポーツカーシリーズ「GR」は、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」で構成されている

 続いて、GRとはどんなブランドなのか、引き続きお付きあいいただきたい。GRの起源は2007年に当時副社長だった豊田章男氏とトップ開発ドライバーの成瀬弘氏(2010年に急逝)を中心に結成され、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦したチームGAZOOに遡る。

GR+車名。クルマ自体を高いスポーツ性を持つ本格的なものとして開発したモデルで、現行車ではGRヤリス、次期86となるGR86、GRスープラ(トヨタのWebでもGRスープラとは書いていないこともあるが、実質的にはクルマそのものからGRだ)が該当する。車両開発では2018年5月登場のGRスープラは、初めてGRの名称が車名に組み込まれたモデルとなった

 なおGazoo(画像のGaと英語で動物園のzooの組み合わせ)の名前は、1990年代後半に当時課長職だった豊田章男氏が立ち上げたインターネットを使った中古車検索などのサービスに由来する。

 Gazooは豊田章男氏が2009年に社長就任後、後述するGRMNやライトなメニューとなるG’sといったコンプリートカーの開発も本格的に開始。2017年にGRブランドに発展し、現在に至る。

■気軽に楽しめるGRパーツ

フロントスポイラーやサイドスカート、リアバンパースポイラーなどGRのエアロパーツなどが装着されたヤリス

 現在は登場が新しいモデルのディーラーオプションとして設定される、クルマの納車後でも装着できるスポーツパーツで、現在も設定されているモデルがあるTRDのものに近いポジションだ。

2021年7月8日に発売したGRヤリス用GRスポーツサイドバイザー。サイドバイザー外側に配置された小さなエアロスタビライジングフィンが、ピラー付近を流れる流速の高い風に作用し、後方に整った縦渦を発生させ車両のふらつきを抑えることで走行安定性やステアリング応答性の向上に寄与するという。価格は2万2000円

 具体的なパーツはモデルによって異なることも多々あるが、高い機能性も持つエアロパーツやドアバイザー、ラッピング、ホイール、ストラットタワーバーなどのボディ補強パーツ、マフラー、GRモーターオイルやGRエアロスタビライジングコート(コーティング剤)といった汎用的なものなど、幅広く用意される。

■走りが楽しめるエントリーモデル、GR SPORT

フロント20mm、リア25mmのローダウンとともにGR SPORT専用のフロントサスペンションメンバーブレース、センターブレース、リアブレースなどを追加、メーカーの利点を生かしたチューニングにより、ボディの前後バランス、全体剛性を高次元で仕上げている。写真はヴォクシーGR SPORT

 続いてコンプリートカーは手軽な存在から見ていこう。GR SPORTの前身は2010年からトヨタが推進して拡大設定してきたG’sで、2017年にこのG’sがGR SPORTに切り替えられた。

専用のフロントグリル&バンパー、リアバンパー、BBS製鍛造16インチアルミホイールなどが装備されたコペンGR SPORT。車体剛性アップパーツとして、専用のフロントブレースやセンターブレースのほか、安定した挙動と操縦性を生む床下スパッツを装備

 GR SPORTはライトなスポーツ性を持つコンプリートカー。具体的な内容としてはモデルによって異なるところも多々あるが(それだけベース車に合せたチューニングを行っているということだ)、代表的なものとしては以下の通り。

●エクステリア
1)GR顔ともよく言われる「ファンクショナルマトリックスグリル」
2)前後バンパーの変更
●インテリア
1)レカロとなることもあるシート
2)ステアリングの変更
3)ドアトリムなどのインテリアの変更
●機能面
1)車高を軽く下げることもあるスプリング、ダンパーといった専用サスペンション
2)ボディ下面のブレースをはじめとしたボディ補強(スポット点数が増やされることも)、空力パーツの装着
3)インチアップされることもあるタイヤ、ホイールの変更
4)専用チューニングとなる電動パワーステアリング

 などが挙げられる。価格はベース車に対し40万円ほどのアップで、現行車でGR SPORTが設定されるモデルはアクア、プリウスPHV、C-HR、ノア&ヴォクシー、さらに子会社とはいえメーカーの枠を超えたコペンをラインナップ。

 過去には3代目ヴィッツ、2代目マークX、3代目ハリアー、プリウスαにも設定されていた。また、GRスポーツとなることによる効果、有り難みは全高が高いミニバンやSUVほど大きい印象だ。

■GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデル、GR

2017年9月に230万3640円で販売されたヴィッツGR SPORT“GR”

 ポジションとしては後述するGRの最強コンプリートカーとなるGRMNのエッセンスを盛り込んだ、量産仕様といったところだ。今までにGRがあったのは初代86と3代目ヴィッツの2台なので、GR SPORTに対し、主に加わるそれぞれの内容は以下の通り。

●ヴィッツGR SPORT“GR”(230万3640円)
1)ダンパーがザックスとなる専用サスペンション
2)10速スポーツCVT(ヴィッツRSは7速CVT)。これは普通に乗っていてもアクセル操作に対するダイレクト感が非常に高いのに加え、スポーツモードにするとレッドゾーン付近をキープするためサーキットなどのタイムも速いという、CVTの可能性を感じさせるものだった

2017年12月に496万8000円で販売した86GRは、2016年2月に100台限定で販売した86GRMNをもとに開発。ブレースを追加して剛性を高めたほか、専用チューニングのSACHS製アブソーバー、86GRMNと同じトルセンLSD、高性能ブレーキを搭載


●86GR(496万8000円)
1)専用エアロパーツ
2)センターに付く1本出しマフラー
3)専用レカロシート
4)車高を10mm下げ、ダンパーはザックスとなる専用サスペンション
5)フロント6ポットキャリパー+ドリルドローター、リア4ポットキャリパーとなるブレーキ
6)専用トルセンLSD

 と、ザックリとした手が加えられる範囲としてはエンジン、トランスミッションといったパワートレーン本体はスペックを含めそのままながら、それ以外はかなり手が加えられ、STIのコンプリートカーで例えるとtSに近いポジションだ。

■GRの頂点に君臨する最強のコンプリートカー、GRMN

トヨタがGRMN第1弾として市場投入したのがiQ GRMNで2009年に100台限定で販売された

 GRMNはパワートレーン本体にも大きく手が入れられるなどした限定車となるGR最強のコンプリートカーで、STIのコンプリートカーで例えるならSシリーズに相当する。

 過去に設定されたモデルとしてはiQの1.3リッター、iQのスーパーチャージャー、3代目ヴィッツ、2代目マークX、初代86前期型、非売品となる豊田章男社長の移動車としてナンバーを付け公道を走行している白と黒の現行センチュリーがある。

86GRMNはGAZOO Racingのニュルブルクリンク24時間レース参戦10周年を記念して限定100台、648万円で販売。エンジンはノーマル比19ps、1.2kgmアップの219ps/22.1kgmを発生

 代表的なGRMNのパワートレーンは、

●2代目マークX/3.5リッターV6はベース車にもあるが、6速MT
●3代目ヴィッツ/1.5リッターターボと1.8リッタースーパーチャージャー(しかもそれぞれ日本仕様にはない3ドアボディだ)
●初代86前期型/エンジン本体のチューニングにより200馬力から219馬力にパワーアップ+6速MTもクロスレシオ化(初代86では2人乗り化もされていた)

 と特別なものとなっており、2代目マークXと初代86前期型のGRMNのパワートレーンではオプションも含めたルーフやボンネットといったカーボンパネルの採用による軽量化と重心ダウンも行われた。

マークX GRMNは2015年と2019年の2回、1回目は100台、2回目は350台の限定だが、あっという間に完売。写真は2019年に限定350台で販売したもので318psの3.5L、V6エンジンに専用チューニングの6速MTやサスペンションを装備

 GRMNは2代目マークXが500万円台中盤、初代86前期型も648万円と絶対的には高いが、限定でないと市販化できないことがよく分かる高い完成度を持ち、特にこの2台は内容を考えれば「安い」と感じる価値があるだけに、購入できた幸運なオーナーには末永く大切に乗ってほしいモデルである。

■まとめ

2021年秋登場予定のGR86

 トヨタはモデル数も含め巨大な自動車メーカーなだけに、トヨタ全体にGRブランドが浸透するまでにはもうしばらく時間がかかりそうだ。

 しかし、GR+車名となるモデルそのものに加え、GR SPORTというグレード拡充により、手が加えられる内容を様々にせよ、スポーツモデルや特別なモデルを求めるユーザーへの対応が揃いつつあるのを喜ぶと同時に、GRのさらなる発展、成長を期待したい。

【画像ギャラリー】まさかのGR設定に驚愕!! 新型ランドクルーザー300 GR SPORT見参!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します