サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車重400kg未満! 価格50万円未満! 究極の愛され「国民車」スバル360が技術の塊だった

ここから本文です

低価格でありながら高性能だった日本の軽自動車

 スバル360は、時代を超え、またメーカーを超えて語り継がれる軽自動車ではないだろうか。

激レアな「360cc軽自動車」が大集合で本気レース! 「サブロクミート」がオヤジには胸熱すぎた

 トヨタからトヨペットクラウンが1955年に発売され、純国産の乗用車として名を残し、今日まで受け継がれている。クラウン誕生から3年後の1958年に、スバル360は誕生した。メーカー名は富士重工業(現SUBARU)であり、いわずと知れた中島飛行機の後身である。開発を統括したのは、中島飛行機で航空機用エンジン開発などを行ってきた百瀬晋六である。

おすすめのニュース

サイトトップへ