サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヒュルケンベルグ、新型コロナに感染したペレスの代役としてF1復帰! “古巣”レーシングポイントをドライブ

ここから本文です
 7月30日(木)に新型コロナウイルス陽性と診断され、F1第4戦イギリスGPを欠場することとなったセルジオ・ペレス(レーシングポイント)。その代役が誰になるのか注目を集めていたが、昨年までF1にレギュラー参戦していたニコ・ヒュルケンベルグが起用されることとなった。

 レーシングポイントはペレスの陽性が判明すると、代役としてニコ・ヒュルケンベルグを起用する方向で素早い準備を進めていた。ヒュルケンベルグは30日にすぐさまイギリスへ飛び、シルバーストンに到着していたが、新型コロナウイルスの検査結果が出るまではパドックに入ることができず、時間との戦いとなっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ