現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > PHEVシステムを降ろして純エンジン化! 新たな「フェラーリチャレンジ」車両「296」を発表

ここから本文です

PHEVシステムを降ろして純エンジン化! 新たな「フェラーリチャレンジ」車両「296」を発表

掲載 2
PHEVシステムを降ろして純エンジン化! 新たな「フェラーリチャレンジ」車両「296」を発表

 この記事をまとめると

■フェラーリが新たなチャレンジシリーズとなる296チャレンジを発表した

レーシングカーを公道で操る夢が実現! フェラーリ「SF90 XXストラダーレ」が日本に上陸

■PHEVシステムを省いた296チャレンジは700馬力のV6ツインターボを搭載する

■296チャレンジによる2024年フェラーリ・チャレンジ開幕を心待ちにするファンは多い

 新たなフェラーリ・チャレンジ用モデル

 フェラーリが、2024年シーズンから開催されるワンメイクレース、「296チャレンジ」に使用されるニューモデル「296チャレンジ」を、10月24日から30日にかけて行われたフィナーリ・モンディアーリの前夜に発表した。

 チャレンジシリーズは、1993年にヨーロッパで始まった348チャレンジに始まる、フェラーリ自身がオーガナイズするワンメークレースで、それに参戦するための40台のコンプリートカー「348チャレンジ」が製作されたほか、専用パーツを取り付けることで、同等のスペックを得る「チャレンジキット」がデリバリーされ、それは大いに人気を博した。

 そして以後、フェラーリの8気筒ミッドシップが新型にモデルチェンジされるたびにチャレンジもニューモデルへと進化。2018年からは「488チャレンジEVO」が使用され、世界でもっとも華やかなワンメークレースとしてファンを魅了した。

 このシリーズに新たに投入される「296チャレンジ」。それは革新的な新しい哲学を具現化したものであり、サーキットでの使用を最適化するために、ロードカーをベースに広範囲におよぶ改善が施されたモデルである、とフェラーリは説明する。

 そしてまたこれまでのチャレンジシリーズの限界を塗り替え、2023年シーズンにオレカとのパートナーシップでデビューを飾った、296GT3と同等の仕様を誇っているのだとも。

 296チャレンジの全身から感じる戦闘的イメージ

 296チャレンジは、チャレンジ史上初となるV型6気筒ツインターボエンジンを搭載するマシンだ。ベースとなる296GTBには、これにPHEVのシステムが加わるのだが、296チャレンジからはそれは除かれ、2992ccの排気量から700馬力の最高出力と740Nmの最大トルクを発揮。

 これはエンジン単体の比較では、296GTBのそれよりも最高出力では37馬力ハイパワーなスペックとなり、リッターあたり234馬力という数値は、このセグメントでは新たな記録となる。740Nmの最大トルクは296GTBのそれから変わらない。

 エアロパッケージも大きくその姿を変えている。フロントのバンパースポイラーや、エアアウトレットが新設されたボンネットに始まり、大型のリヤウイングやディフューザー。エキゾーストシステムもリヤグリルに導かれるのは変わらないが、その位置は変更され、リヤフェンダーもワイド化されているのがわかる。

 このエアロパッケージが生み出すダウンフォースは、リヤウイングの仰角が最大のセッティング時には、250km/hで870kgを超えるという驚異的なもの。

 ボディ全体から感じる戦闘的なイメージは、ますますフェラーリが488GTBを生み出すときにインスピレーションを得たという、1960年代の250LMのそれに近くなったようにも感じられる。

 296チャレンジに搭載されるメカニズムで、もうひとつ注目できるのは、「ABS EVO Track」というABSの制御システム。296チャレンジにはCCM-R PLUSと呼ばれる新たなブレーキディスクが採用されているが、これはそのブレーキ性能と安定性を最大限に引き出すためのもの。

 タイヤはピレリによって専用開発された。こちらもニューモデルの19インチ径で、ドライバーはサーキットで卓越したハンドリング性能とパフォーマンスを感じることができるだろう。

 エントリー車両がニューモデルに、しかもこれまでのV8モデルからV6ツインターボへと変更される2024年のフェラーリ・チャレンジ。その開幕を心待ちにするファンはきっと多いに違いない。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
レスポンス
マツダ新型「CX-5」発表! 待望の「“安価”グレード」が復活! 4000ccクラスの加速力発揮する「カーボンターボ」仕様もある「新モデル」米に登場
マツダ新型「CX-5」発表! 待望の「“安価”グレード」が復活! 4000ccクラスの加速力発揮する「カーボンターボ」仕様もある「新モデル」米に登場
くるまのニュース
インディアン「スカウト」シリーズがフルモデルチェンジ! ファクトリーカスタムモデルの「スカウトボバーリミテッド」に、アクティブ女子の指出瑞貴が挑戦しました!
インディアン「スカウト」シリーズがフルモデルチェンジ! ファクトリーカスタムモデルの「スカウトボバーリミテッド」に、アクティブ女子の指出瑞貴が挑戦しました!
バイクのニュース
「車内で立てる!」めちゃ広い「軽バン」実車展示!“開く屋根”採用で4人が寝られる! 家電も使用可能な「軽キャンパー」がスゴい
「車内で立てる!」めちゃ広い「軽バン」実車展示!“開く屋根”採用で4人が寝られる! 家電も使用可能な「軽キャンパー」がスゴい
くるまのニュース
ヘッドアップディスプレイ向け、ガラス用中間膜の生産能力を増強…積水化学タイ工場
ヘッドアップディスプレイ向け、ガラス用中間膜の生産能力を増強…積水化学タイ工場
レスポンス
新首都名「ヤマト」! 総費用4兆円! かつて存在した東京湾をほぼ埋める「ネオ・トウキョウ・プラン」の衝撃
新首都名「ヤマト」! 総費用4兆円! かつて存在した東京湾をほぼ埋める「ネオ・トウキョウ・プラン」の衝撃
WEB CARTOP
新型ヴェゼル vs ライバル比較《カローラクロス/クロストレック》
新型ヴェゼル vs ライバル比較《カローラクロス/クロストレック》
グーネット
純粋主義のロードスター「マツダ MX-5」はその本質を保っている!今や希少な存在となったMX-5の魅力をスコットランドで堪能する
純粋主義のロードスター「マツダ MX-5」はその本質を保っている!今や希少な存在となったMX-5の魅力をスコットランドで堪能する
AutoBild Japan
渋滞地獄の「東名遠すぎ」豊橋・湖西エリアが便利に!? 事業化目前の「浜松湖西豊橋道路」に反響多数「早く繋げて」「頼む」どこまで計画進んだのか
渋滞地獄の「東名遠すぎ」豊橋・湖西エリアが便利に!? 事業化目前の「浜松湖西豊橋道路」に反響多数「早く繋げて」「頼む」どこまで計画進んだのか
くるまのニュース
11月21日の開催までいよいよ4か月! 一部チケットは値下げ! ラリージャパンは今年もクルマ好きのお祭りになる!
11月21日の開催までいよいよ4か月! 一部チケットは値下げ! ラリージャパンは今年もクルマ好きのお祭りになる!
ベストカーWeb
サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
レスポンス
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
WEB CARTOP
ホンダ高級ミニバン「エリシオン」復活!? オデッセイとは違う? 強敵多いも堅調な人気! 販売される中国での現状は
ホンダ高級ミニバン「エリシオン」復活!? オデッセイとは違う? 強敵多いも堅調な人気! 販売される中国での現状は
くるまのニュース
もうこれでいいじゃん! コメリの高圧洗浄機が安くて高性能でハイコスパ
もうこれでいいじゃん! コメリの高圧洗浄機が安くて高性能でハイコスパ
月刊自家用車WEB
リノベーションすれば立派なガレージハウスに!!【千葉県旭市の海近店舗付き住宅】
リノベーションすれば立派なガレージハウスに!!【千葉県旭市の海近店舗付き住宅】
バイクのニュース
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
レスポンス
第一汽車、「車と道路とクラウド一体化」に向けて戦略的提携…中国長春市などと締結
第一汽車、「車と道路とクラウド一体化」に向けて戦略的提携…中国長春市などと締結
レスポンス
ポルシェ 911ダカール【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
ポルシェ 911ダカール【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

2件
  • wxn********
    ホンダの第2世代NSXも純エンジン車で売り直せば良いのに・・・
  • tok******
    1000馬力超えの電気モーター車よりこんなのに乗ってみたいわ
    V6とは言えもはや人類の機械遺産レベル
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3678.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4080.05600.0万円

中古車を検索
296GTBの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3678.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4080.05600.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村