サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転バスが定常運行を開始---国内で初めて、茨城県境町で

ここから本文です

自動運転で公道を走るバスの定時運行が11月26日より茨城県境町でスタートした。全国レベルで公共交通の維持が課題となっている中で、自動運転によって地域住民の足を確保するのが狙いで、自治体が自動運転バスを公道で走らせて定時運行するのは国内では初めての事例となる。

◆3台の「ナビヤ・アルマ」の導入で、さらなる人口増と地域活性化を促す

この事業は今年1月に発表されていたもので、境町が自動運転事業の運行管理を推進するボードリー(BOLDLY、旧SBドライブ)と、輸入商社マクニカの協力を受けて実現した。

おすすめのニュース

サイトトップへ