サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 独BMW、今春に1シリーズ、3シリーズにそれぞれ2リッターの新エンジンを設定

ここから本文です

独BMW、今春に1シリーズ、3シリーズにそれぞれ2リッターの新エンジンを設定

独BMWは1月16日、「1シリーズ」に新世代の2リッターディーゼルエンジンを、また「3シリーズセダン/ツーリング」には新しい2リッターガソリンエンジンをそれぞれ設定すると発表した。

1シリーズ(120d)に新たに設定される2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、最高出力190hpを発生。トランスミッションは8速オートマチックが標準で組み合わされる。日本に導入されていた先代の118dに比べると40psのパワーアップとなる。メーカー公称値によると、0-100km/h加速は7.3秒、最高速度は231km/hに達するという。

一方、3シリーズ用としてこのたび発表された2リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンは、エントリーモデルの318iに搭載される。最高出力は156hp、最大トルク250Nmを発生。同エンジンは3シリーズセダンとツーリングに設定され、0-100km/h加速はセダンが8.4秒、ツーリングは8.7秒で、最高速度はそれぞれ223km/h、220km/hとなっている。

なおこのたび発表された120dと318iは、欧州では2020年春に投入されるとのこと。日本導入も期待したいところだ。


※写真は1-2枚目が1シリーズ、3-4枚目は3シリーズ(ツーリング)。但し、該当グレードではありません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します