サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、シュタイアーマルクGP終盤のフェルスタッペンとのバトルを語る「思ったより簡単に抜けた」

ここから本文です
 F1第2戦シュタイアーマルクGPで4番グリッドからスタートし、2位でフィニッシュしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)。彼はレース終盤にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を交わして2位の座を射止めたが、そのオーバーテイクは予想以上に簡単だったとレース後に述べた。

 フェルスタッペンはレース終盤、フロントウイングの翼端板を壊した影響でダウンフォースを失いペースが落ちており、ボッタスはみるみるギャップを縮めていった。残り20周の時点で10秒以上あった両者の差は、残り10周で3秒前後に。そして残り5周、ボッタスはターン4でついにフェルスタッペンを仕留めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ