サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 消えゆく「ターャジス」 トラックやバス側面の右読み文字なぜ?

ここから本文です

右読み配置にはワケがある

 トラックやバスの右側面に書かれた文字は、右から読ませるようになっていることがあります。たとえば東急バスならば「スバ急東」と読めます。

その細道行くの!? 東京のバス「狭隘区間」5選 行き違いにクランク 光る運転テク

 この右読み文字で有名なのは、「ターャジス」でしょう。コーヒーフレッシュなどを製造販売する、スジャータめいらくの配送トラックの右側面に書かれた文字で、インターネット上においてしばしば話題になります。

 しかし、「ターャジス」は近年、左読みの「スジャータ」に改められ、その数を減らしています。同様に、バスなどでも「右側面の右読み文字」を左読みに改めるケースがあります。

おすすめのニュース

サイトトップへ