サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキ自慢の新旧4気筒マシンを一挙展示! 神戸海洋博物館内 大ホールで特別展「The Four」開催!

ここから本文です

カワサキ自慢の新旧4気筒マシンを一挙展示! 神戸海洋博物館内 大ホールで特別展「The Four」開催!

あのZX-25R、Z H2をじっくり見るチャンス!
東京モーターショーで衝撃のデビューを飾った250cc4気筒スーパースポーツ、Ninja ZX-25Rと、H2譲りの過給エンジンを搭載したZシリーズの新フラッグシップ、Z H2。この2台をじっくり見ることのできる特別展が神戸海洋博物館内 大ホールで開催されます。そのタイトルはズバリ「カワサキモーターサイクルフェア2020 The Four」。4気筒をテーマに、新旧の名車を集めた展示会です。

今回はなんとZX-25Rのエンジン単体も登場!
なんと言っても、今回のハイライトは注目の250cc4気筒SSであるZX-25R。今回はなんと!その4気筒エンジンが単体で展示される、ということなので、これは見逃せません! モーターショーでZX-25Rの実車を見逃したという人も、4気筒エンジンがどんなものか見たいという人も、今回のモーターサイクルフェアは必見です!

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売はいつ? 値段はいくら?



これはカワサキインドネシアが公開している、ZX-25Rのサウンド。この咆哮を発するエンジンをじっくり拝める、というだけでも楽しみです! 国内には9月導入予定というZX-25Rですが、待ちきれない人はカワサキワールドに足を運んで、隅から隅まで見てきましょう!

Z H2をはじめ、ZXR250RやGPz、750ターボまで登場!
そして、今回の展示では、こちらも発売が待ち遠しいZシリーズの最高峰、Z H2も登場。ニンジャH2譲りのスーパーチャージャー搭載エンジンを積むネイキッド、そのメカニズムを見るだけで、会場に行く価値は十分にあると思います。また、カワサキが誇る往年の4気筒マシンたちも登場。ZX-25Rのご先祖に当たる4気筒250ccスーパースポーツ、ZXR250Rやゼファー、GPz400/1100、GPz900R、750ターボまで展示されるのです!

展示予定車両、エンジンは以下の通りです。一部機種はまたがりも可能みたいですね!

カワサキの4気筒に浸れる特別展は2月24日まで開催!
この「モーターサイクルフェア The Four」は2019年2月11日(火・祝) ~ 2月24日(月・祝)まで(2月17日は休館日)、神戸海洋博物館内 大ホールにて開催されます。入場料は大人600円、小・中学生250円。下記のカワサキワールドのHPで割引券をダウンロードできますよ!

開場時間は、10:00から17:00まで(最終入場16:30)。休日はカワサキの4気筒マシンたちに囲まれて過ごすのもステキです。みなさん、ぜひ足を運びましょう!

神戸海洋博物館へのアクセスはコチラ



カワサキ「Ninja ZX-25R」の関連記事はこちら!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します