サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラリー・モンテカルロ2日目:ローブが好走見せ総合トップ浮上。オジェ僅差の2番手に続く

ここから本文です

 伝統の一戦、ラリー・モンテカルロから2022年のWRCが開幕。1月21日に競技2日目が実施された。走行を終え、トップに立っているのはセバスチャン・ローブ(M-スポーツ・フォード)だった。

 競技初日は2本のナイトステージとなり、ここではトヨタのセバスチャン・オジェがトップタイムをマークしていた。しかし翌日のSS3~SS8にかけてはライバルに先行を許す形となった。

【リザルト】2022ラリー・モンテカルロ タイム結果

 コンディションは凍結部分を含むトリッキーなモノとなった2日目だが、SS3でローブがラリー1規定で初のステージ優勝を達成。この日は4つのステージで最速をマークし、総合順位でオジェを逆転しトップに立った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン