サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JFEスチール、自動車軽量材料を高効率生産できる技術を開発

ここから本文です

JFEスチールは5月6日、自動車の軽量材料である高張力鋼板(ハイテン)の熱間連続圧延技術(エンドレス圧延)を世界で初めて開発し、東日本製鉄所(千葉地区)熱延工場で量産を開始したと発表した。

自動車の低燃費化や電気自動車(EV)の航続距離を伸ばすため、自動車の軽量化ニーズは高まっており、ハイテンの採用部位は拡大している。同社は今回、ハイテンを高効率生産できる生産技術を開発、ハイテン需要の拡大に対応していく。

熱間圧延プロセスでは通常、加熱したスラブを粗圧延機と仕上げ圧延機で1枚ずつ所定の板厚まで圧延、冷却設備で巻き取り温度を制御した後、コイル状に巻き取る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン