サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ代表、2戦連続のポール獲得も慎重な姿勢「本来の実力が結果に反映されていない」

ここから本文です
 フェラーリのマティア・ビノット代表は、シャルル・ルクレールがF1第5戦モナコGPと第6戦アゼルバイジャンGPで2戦連続のポールポジションを獲得したが、チームの実力は今年のタイトル争いを繰り広げるメルセデスやレッドブル・ホンダには及ばないと考えている。

 ルクレールは、低速域が強みの『SF21』を駆り、第5戦モナコGP予選でメルセデスとレッドブル・ホンダを退け、ポールポジションを獲得した。昨シーズン大きく低迷したフェラーリが復活したこと、予選Q3でトップタイムのルクレールがクラッシュし、そのまま赤旗終了となったこともあり、このポールポジション獲得は大きな話題を呼んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン