サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMWが電動大型セダン「i7」を公開。“世界初の純電動ラグジュアリーセダン”とうたう理由は?

ここから本文です

7シリーズのEV版にあたるフルサイズセダン

欧州から新型EVが続々登場している。最近は定番モデルのEV版にあたるモデルが数多く登場しており、EVの増加を加速させている。今回予告された「i7」も、フラッグシップサルーンである「7シリーズ」のEV版といえるもの。“世界初の純電動ラグジュアリーセダン”をうたっている。

メルセデスがゼロから開発した本気の電気自動車「EQS」の完成度は…静けさだけでも買う価値あるかも!?

ちなみにメルセデスからはすでに「EQS」が登場しており、世界初はEQSの方だろうという突っ込みが入りそうだが、EQSはリアゲートを持つ5ドアハッチバックであり、「テスラモデルS」も同様に5ドアハッチバックをとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ