サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ENEOS、FCVにCO2フリーのグリーン水素を東京目黒水素ステーションで供給 山梨から目黒に輸送

ここから本文です
 ENEOS(エネオス)は、山梨県で再生可能エネルギーを使って製造するグリーン水素を東京目黒水素ステーションで燃料電池車(FCV)に供給すると発表した。グリーン水素の利用拡大を図ることで、低炭素社会の実現を目指す。

 山梨県は米倉山電力貯蔵技術研究サイトで、太陽光発電による電力を使って水を電気分解し、二酸化炭素(CO2)フリーのグリーン水素を生成する実証実験を実施している。エネオスは、山梨県とグリーン水素の供給を受ける合意書を締結した。

おすすめのニュース

サイトトップへ