サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】カル・クラッチロー「もう居場所がなかった」2014年ドゥカティ離脱の裏側語る

ここから本文です
 現在LCRホンダからMotoGPを戦うカル・クラッチロー。彼は2011年にテック3・ヤマハでMotoGPデビューを果たすと、ここで高いポテンシャルを見せつけたことが、2014年のドゥカティファクトリーチーム移籍へと繋がった。

 しかしドゥカティ移籍後、彼はマシンへの適応に苦戦してしまい、2014年に獲得した表彰台は雨のアラゴンGPで獲得した1度のみだった。そしてクラッチローは2015年の契約延長をあきらめ、LCRホンダへ移籍することになった。そしてLCRホンダでは一転して勝利ライダーとなり、自身の評価を固めていった。

おすすめのニュース

サイトトップへ