サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC第2戦スウェーデン:シェイクダウン“1本目”はトヨタがトップ3独占。積雪なく地面むき出し

ここから本文です
 2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月13日、大会開幕前最後の走行チャンスとなるシェイクダウンの“1本目”が行われ、トヨタ・ヤリスWRCを駆るカッレ・ロバンペラ、セバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンスのTOYOTA GAZOO Racing WRT勢がトップ3を独占した。

 2020年シーズンの第2戦として開催されるラリー・スウェーデンは、本来であれば雪上を舞台に争われるフルスノーイベントだが、今年は暖冬の影響で充分な積雪がない状況で大会スケジュールの見直しなども行われている。

おすすめのニュース

サイトトップへ