サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1、2018年型SF71Hでのテストを一日遅れで開始。直前のマシン変更により日程短縮へ

ここから本文です
 スクーデリア・フェラーリは、フィオラノにおける旧型F1カーでのテストを予定より一日遅らせ、1月26日にスタートしたことを明らかにした。

 当初、2022年シーズンの準備の一環として、25日(火)から28日(金)に2021年型SF21でのテストを計画していたフェラーリだが、開始直前になって、使用するマシンを2018年型SF71Hに変更しなければならなくなったため、25日の走行は取りやめられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン