サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「宇都宮の入口」が変わる!? 国道119号「上戸祭立体」16日開通 東北道~宮環が円滑に!

ここから本文です

■宇都宮ICへのアクセス性が向上

 栃木県宇都宮市で、国道119号の上戸祭立体が2022年7月16日15時に開通します。

路肩の「謎スペース」実は造りかけ! 新線構想を物語る首都高の「イカの耳」3選

 上戸祭立体は、宇都宮環状道路(宮環)と宇都宮北道路を高架でつなぎます。全体の延長は1.2km、事業期間は2005年度から2022年度まで、事業費は約63億円です。

 宇都宮北道路は、東北道・日光宇都宮道路の宇都宮ICと宮環を結ぶ長さ4.9kmの国道119号バイパスです。信号のない高架道路で通行は無料、最高速度は一般道でありながら80km/hで設定されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ