サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、2019年F1シーズン残り2戦の目標は「予選で良い結果を出すこと」

ここから本文です

 フェラーリF1チームのセバスチャン・ベッテルは、2019年の予選で優れた実績を上げているチームメイト、シャルル・ルクレールを称賛し、そのパフォーマンスは高く評価されるべきだと語った。さらに自分はシーズン最後の2戦ではまず予選でいいグリッドを確保することを目指すとも述べている。

 F1での2シーズン目、そしてフェラーリに加入して1年目のルクレールは、19戦終了時点で、ベッテルの2回に対して合計6回、予選でトップタイムを記録している。

ルクレール、パワーユニット交換によるグリッド降格が確定。フェルスタッペンとのF1選手権3位争いに影響か

 ルクレールの素晴らしい成績の大部分はサマーブレイク後のベルギーGP以降に達成されたもので、4戦連続でポールポジションを獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ