サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最終進化形は800cc単気筒!「砂漠の怪鳥」と呼ばれたDRビッグの走りとは【スズキDR800S試乗】

ここから本文です
2020年に登場するスズキVストロームシリーズの最新モデル「Vストローム1050」のデザインは、1988年のパリダカレーサー「DR-Z」(ディーアールジータ)と、その公道版モデルといえる「DR-BIG」(ディーアールビッグ)のモチーフを取り入れている。というのも、DR-ZとDR-BIGを当時担当したデザイナーが、Vストローム1050開発チームに加わっているのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ