サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1のウォルフ代表、アストンマーティンで上級職就任の噂を「根拠がない」と否定

ここから本文です

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、彼がメルセデスを離脱し、2021年からF1にワークスチームで参戦するアストンマーティンに移籍する予定だという噂を断固として否定した。

 レーシングポイントの共同オーナーであるローレンス・ストロールがアストンマーティンの株式を購入し、ストロールの親友であるウォルフがアストンマーティンで上級職に就くのではないかという噂が持ち上がっていた。

メルセデスF1代表ウォルフが重要会議を欠席、去就に関する噂が再燃

 しかしウォルフは「私がアストンマーティンを率いることになるという噂には根拠がない」とオーストリアの放送局『ORF』に語り、メルセデスに“あと数年は”留まるつもりだと主張している。

おすすめのニュース

サイトトップへ