サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズCEO、ラティフィの仕事ぶりに感銘「ラッセルとの差は、人々が考えるほど大きくない」

ここから本文です
 今季フロントロウと2位表彰台を獲得し、来季はメルセデス入りすることが決まっているウイリアムズのジョージ・ラッセル。そのチームメイトであるニコラス・ラティフィは、ラッセルに大きな差をつけられているように見られているが、チームCEOのヨースト・カピトによれば、ふたりのパフォーマンス差は人々が考えているほど大きくはないという。

 ラッセルは2019年にウイリアムズに加入。それ以来特に予選を中心に、印象的な活躍を見せてきた。ラティフィは1年後の2020年にF1デビューを果たしたが、予選では全てのレースでラッセルが勝利。圧倒的な差をつけている。

おすすめのニュース

サイトトップへ