現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダの“紅白”新型「和製スポーツカー」に反響殺到! “次世代ロータリー”市販化進む! 美しすぎる「アイコニックSP」 今なお人気高い「RX-7」との関係性は

ここから本文です

マツダの“紅白”新型「和製スポーツカー」に反響殺到! “次世代ロータリー”市販化進む! 美しすぎる「アイコニックSP」 今なお人気高い「RX-7」との関係性は

掲載 5
マツダの“紅白”新型「和製スポーツカー」に反響殺到! “次世代ロータリー”市販化進む! 美しすぎる「アイコニックSP」 今なお人気高い「RX-7」との関係性は

■RX-7はアイコニックSPの最大のインスピレーション源

 2023年10月にジャパンモビリティショー2023で世界初公開された、マツダのロータリースポーツコンセプトカー「アイコニックSP」。
 
 直近の2024年4年のマツダ入社式や、同年6月のマツダタウンフェスタで、白のアイコニックSPがサプライズ展示されたりなどがあり、ユーザーからは多くの反響が寄せられています。

【画像】超カッコいい! マツダ新型「“紅白”和製スポーツカー」を画像で見る(50枚以上)

 そんな大注目のアイコニックSPですが、このクルマを語る上で欠かせないのが、20世紀末のスポーツカーブームを牽引したと言えるマツダ「RX-7(FD3S)」です。

 RX-7は、1978年に初代「サバンナRX-7(SA22C)」としてデビューしました。

 1985年には2代目(FC3S)に進化し、1991年から2003年までの間には3代目(FD3S)が6度のアップデートを重ねながら生産され続けました。

 最大の魅力は、マツダの象徴とも言える「ロータリーエンジン」を搭載したスポーツカーである点です。

 ロータリーエンジンは、理論上は軽量かつコンパクトで高回転まで回せるものの、高度な技術が求められるため、開発が難しく他のメーカーでは普及しませんでした。

 その結果、このエンジンはマツダ独自の技術として発展し、現在でも広く認知されています。

 このエンジンの特性を最大限に活かすために、RX-7は低く構えた近未来的なデザインを採用しました。

 当時主流だった大排気量の直列6気筒エンジンに匹敵するパワーを持ちながら、エンジンを車体中央に配置することで高いコーナリング性能を実現。

 操作が難しい一方で、速さと美しいスタイリングを兼ね備えたリアル・スポーツカーを提供しました。

 その哲学及び美学が、アイコニックSPにも色濃く継承されています。

 もっとも大きな特徴であるパワートレインには、マツダ独自のロータリーエンジン技術を用いたプラグインハイブリッド(PHEV)システム「2ローターRotary-EVシステム」を採用し、最大出力370psを発揮。

 PHEVのため大容量のバッテリーを搭載しつつも、車両重量はわずか1450kgに抑えられ、エンジン搭載位置などを工夫し前後重量配分を50:50に近づけることで、高いハンドリング性能も継承しています。

 エクステリアでは、最新のマツダ車共通テーマ「魂動デザイン」を採用しながら、フロントはロータリーエンジンのコンパクトさを活かした低いノーズに、マツダ現行モデルに通ずるデザインとRX-7(FD3S)の要素が融合。

 アイオニックSPの担当者は次のように述べていました。

「デザインプロセスにおいて、RX-7は最大のインスピレーション源でした。

 私たちの願いは、人々がそれ(アイコニックSP)を見た時に、RX-7を思い出してくれることです」

 実際にリトラクタブル式のヘッドライトも歴代RX-7を想起させます。

 またボディサイドは、前後フェンダーが曲線的に盛り上がったラインとし、ドアやリアウインドウ周辺部などは、特にRX-7(FD3S)を思い出させる意匠が取り入れられています。

 そのほか、ボディカラーのヴィオラレッドは、マツダ初代「ロードスター」からオマージュされたものなど、RX-7のみならずマツダのあらゆる名車の要素が盛り込まれています。

 実際にアイコニックSPを見たユーザーからは「リトラにロータリーは完全にRX-7じゃないか!」「あのデザインのままRX-9として発売してほしい」「RX-7とロードスターを融合したようなデザインで好き」と、マツダ歴代の名車のオマージュと魂動デザインの組み合わせに魅了されている声と共に、市販化を熱望するコメントも多く見られました。

 新世代のロータリーエンジンは、その小型軽量な特性を活かしつつ、他の電動車とは異なる走行性能とサウンドを提供し、クルマ好きに夢と興奮を与え続けるでしょう。

 アイコニックSPは、ロータリーエンジンの未来を示すものであり、持続可能な技術としての可能性を広げる象徴的なモデルとして、現在市販化に向けて開発を進めているといいます。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「Z2000」!? 15年ぶり復活な「2シーターオープン」!? 斬新顔&超静音モデル化の“現代版S2000”のCGに反響集まる
ホンダ新型「Z2000」!? 15年ぶり復活な「2シーターオープン」!? 斬新顔&超静音モデル化の“現代版S2000”のCGに反響集まる
くるまのニュース
スバルの400馬力「斬新スポーツクーペ」! 超パワフルな「ターボ×水平対向6気筒」搭載したモデルが凄い! めちゃ美しい「観音開きドア」採用した「B11S」に反響あつまる!
スバルの400馬力「斬新スポーツクーペ」! 超パワフルな「ターボ×水平対向6気筒」搭載したモデルが凄い! めちゃ美しい「観音開きドア」採用した「B11S」に反響あつまる!
くるまのニュース
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
ホンダが新型「ビート」初公開! めちゃスポーティ&開放的な「2シーター仕様」復活に大反響! ファン待望の“名車”を継ぐ「新型二輪モデル」尼で見せた姿とは
ホンダが新型「ビート」初公開! めちゃスポーティ&開放的な「2シーター仕様」復活に大反響! ファン待望の“名車”を継ぐ「新型二輪モデル」尼で見せた姿とは
くるまのニュース
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
くるまのニュース
22年落ち日産「スカイライン」が約「6000万円」!? 新車価格の“約9倍”! もはや伝説級の「オシャ“グリーン”」採用した最終型「Mスぺ“Nur”」香港で落札
22年落ち日産「スカイライン」が約「6000万円」!? 新車価格の“約9倍”! もはや伝説級の「オシャ“グリーン”」採用した最終型「Mスぺ“Nur”」香港で落札
くるまのニュース
スバル新型「2ドアスポーツクーペ」発表に反響多数!?「黄金ホイールすごい」「素晴らしい車」 爆速2代目の“最終限定版”「BRZ」独に登場
スバル新型「2ドアスポーツクーペ」発表に反響多数!?「黄金ホイールすごい」「素晴らしい車」 爆速2代目の“最終限定版”「BRZ」独に登場
くるまのニュース
全長2.6m!? めちゃ小さいマツダ「ミニ・ロードスター」が凄い! 屋根なし“常時フルオープン”の斬新すぎる「ND型」正体は?
全長2.6m!? めちゃ小さいマツダ「ミニ・ロードスター」が凄い! 屋根なし“常時フルオープン”の斬新すぎる「ND型」正体は?
くるまのニュース
マツダ「“爆速”ロードスター」公開! 高出力「2リッター直4」&専用エアロ装備! “超スパルタ仕様”のソフトトップモデル「スピリットRS」実車展示!
マツダ「“爆速”ロードスター」公開! 高出力「2リッター直4」&専用エアロ装備! “超スパルタ仕様”のソフトトップモデル「スピリットRS」実車展示!
くるまのニュース
ホンダ新型「プレリュード」実車公開! めちゃスポーティな2ドアクーペ&鮮烈レッドボディで登場! 欧州で販売へ!
ホンダ新型「プレリュード」実車公開! めちゃスポーティな2ドアクーペ&鮮烈レッドボディで登場! 欧州で販売へ!
くるまのニュース
日産「新型スカイライン」発売へ 歴代最強の「匠“手組み”エンジン」×「旧車風デザイン」採用! 「スゴく特別なスカイライン」今夏登場
日産「新型スカイライン」発売へ 歴代最強の「匠“手組み”エンジン」×「旧車風デザイン」採用! 「スゴく特別なスカイライン」今夏登場
くるまのニュース
ホンダ新型「“赤い”和製スポーツカー」初公開へ! 2025年頃“登場”の「美麗すぎ“2ドア”クーペ」! 22年ぶり復活の「プレリュード」欧州にも導入へ
ホンダ新型「“赤い”和製スポーツカー」初公開へ! 2025年頃“登場”の「美麗すぎ“2ドア”クーペ」! 22年ぶり復活の「プレリュード」欧州にも導入へ
くるまのニュース
マツダ新型「“ユーノス”なロードスター」登場!? レトロ風「ブラック×ゴールド」に「上質レッド内装」採用!? 期待される「35周年記念車」の姿とは
マツダ新型「“ユーノス”なロードスター」登場!? レトロ風「ブラック×ゴールド」に「上質レッド内装」採用!? 期待される「35周年記念車」の姿とは
くるまのニュース
ホンダが赤い新型「プレリュード」初公開!  美麗すぎる「スペシャリティクーペ」登場!? HV25年記念で欧州で復活
ホンダが赤い新型「プレリュード」初公開! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」登場!? HV25年記念で欧州で復活
くるまのニュース
800万円超えの日産「新型5ドアスポーツカー」登場へ! 430馬力×「GT-Rの技術」搭載! 最強“フラッグシップ”「アリアNISMO」に大反響
800万円超えの日産「新型5ドアスポーツカー」登場へ! 430馬力×「GT-Rの技術」搭載! 最強“フラッグシップ”「アリアNISMO」に大反響
くるまのニュース
ホンダが斬新デザイン「SUV」を次々発表! 4ドアスポーツセダンも登場予定!? 攻勢続く中国市場のイマ
ホンダが斬新デザイン「SUV」を次々発表! 4ドアスポーツセダンも登場予定!? 攻勢続く中国市場のイマ
くるまのニュース
新型「“MR”スポーツカー」公開! 「旧車デザイン」が超カッコイイ「3.0リッターV6搭載モデル」! アンダー1500kgの「イコーナ&レッジェンダ」登場
新型「“MR”スポーツカー」公開! 「旧車デザイン」が超カッコイイ「3.0リッターV6搭載モデル」! アンダー1500kgの「イコーナ&レッジェンダ」登場
くるまのニュース
次世代ロータリースポーツ『RX-9』登場は2025年!? 特許申請を確認「アクティブリアスポイラー」採用は
次世代ロータリースポーツ『RX-9』登場は2025年!? 特許申請を確認「アクティブリアスポイラー」採用は
レスポンス

みんなのコメント

5件
  • titty043
    流線形にすれば良いってわけではない
    内装もしょぼい
    まあ客引きだね
  • ますた〜(地獄の軍団カフェ見習)
    RX-7原理主義者が多過ぎて反吐が出る
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.8399.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

311.71520.0万円

中古車を検索
RX-7の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.8399.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

311.71520.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村