サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」フランスではこちらが主流。伝統の「猫足」が味わえるプジョー208アリュールって、魅力的だと思いませんか!?

ここから本文です

「最新モデル試乗」フランスではこちらが主流。伝統の「猫足」が味わえるプジョー208アリュールって、魅力的だと思いませんか!?

アリュールを「通好み」と考える、その理由

 200番台の車名を持つプジョーは、いつも身近で味わい深いエントリーグレードを用意してきた。スタイルやアリュールがそれに当たる。
 プジョーのハッチバックは、GT系のスポーツモデルがイメージリーダー。スタイルやアリュールは、やや地味な印象がある。だが、フランス製実用車ならではの味わいを楽しむには最適な選択肢だ。カジュアルなデザインとしなやかな乗り心地、そして軽快な走りという、独自の魅力を発散する。いわば「通好み」のグレードである。

プジョー208が欧州マーケットでベストセラーカーに君臨

 最新208は、ガソリン車にスタイルとアリュールを、BEVのe-208にはアリュールを設定している。今回はガソリン車の208アリュールに試乗した。
 スタイリングはフレンチコンパクトらしくお洒落。スポーティなGTと比べると、グリルとヘッドランプが異なるほか、フェンダーアーチがなくなり、アルミホイールは17インチに対して 16インチなる。タイヤサイズは205/45R17から195/55R16に細くなっている。
 かつての205を意識したようなGTの姿はたしかに目を引く。一方、208の丸みを帯びた優しいフォルムには、アリュールの仕立ても似合っている。パリの雑踏をキビキビと走る姿を連想させ、いい意味で生活臭を感じた。

メカニズムはGTと共通。でも走りは優しく、乗り心地がいい!

 インテリアは、小径ステアリングと遠くに置かれた3Dタイプのデジタルメーターが前衛的。フロントシートはGTに比べるとサイドの張り出しが穏やかになり、ステッチはブルーの1色の落ち着いた雰囲気。座り心地はいちだんと優しい。

 パワートレーンはGTと共通だ。1.2リッター直列3気筒ターボ(100ps/205Nm)と8速ATを組み合わせて前輪を駆動する。最高出力や最大トルクをはじめ、1160kgの車重もGTと同じなので、加速感は変わらない。
 足回りでGTと異なる点は、ホイールとタイヤである。サスペンションのチューニングは共通だという。しかし乗り心地は明らかにまろやかで、ゆったりした揺れが心地いい。

 現行208のフットワークは、鋭いレスポンスが影を潜め、安定した接地感が主体の、大人っぽい性格になった。アリュールはそこに優しさが加わっており、リラックスした気分で走りを楽しめる。
 EVのe-208を含めて、208シリーズはグローバルレベルで見ても各部の完成度が非常に高い、誰にでも勧められる1台である。フランス車らしさを重視するなら、アリュールがベストだろう。価格はGT比で36万1000円安い262万9000円だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します