サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP:タイトル争いは劇的決着。15番手スタートのクアルタラロ、4位フィニッシュで2021年チャンピオンに輝く

ここから本文です
 10月24日、MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースがイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が2021年シーズンのチャンピオンに輝いた。クアルタラロは4位フィニッシュ。ランキング2番手のフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が転倒リタイアを喫しポイント差が65となったことで、タイトル争いが決着した。

 レースを制したのは、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)で、アメリカズGPに続く2連勝を上げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン