サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全方位で徹底検証!スズキ「ハスラー」とダイハツ「タフト」買うならどっち?

ここから本文です

全方位で徹底検証!スズキ「ハスラー」とダイハツ「タフト」買うならどっち?

スズキ・ハスラーは、ワゴンとSUVを融合させたクロスオーバー軽として大ヒット。現在の2代目は、先代のキャラクターを引き継ぎつつも、大きく進化した新型だ。

安全装備、技術力、コスパ、プロが選ぶWithコロナ時代の〝安くてイイ〟クルマ3選

一方、ダイハツが2020年6月に満を持して登場させたタフトは、同じクロスオーバー軽でも、よりワイルドで男臭い、ピックアップトラックやバックパッカーをイメージした、ある意味ではハスラーのガチライバルになりうる対抗馬である。



ここでは、ハスラー(最低地上高180mm)とタフト(最低地上高190mm)のそれぞれの魅力、ウィークポイントを紹介するとともに、両車がどんな使い勝手、ユーザーに向くのか、検証したい。

ハスラーの魅力と言えば、街を明るくしてくれるカラフルなボディカラー、愛らしいフロントフェイス、インテリアの先進感、車中泊も可能な技ありのパッケージング、そして快適性を重視したフラット極まる乗り心地、雪道や悪路に強い定評ある4WD性能に加え、グリップコントロール、ヒルディセントコントロール、スノーモードといった走破性を一段と高める機能を満載しているところにある。走り好きな人にとっては、ターボモデル限定とはいえ、パドルシフトが付いているのも、スピードコントロールのしやすさ、スムーズな減速が可能な点でもメリットになりうる。



ハスラーと言えば、可愛気あるエクステリアデザインが特徴的だが、ピンクやオレンジ、イエローといった鮮やかで女性にもマッチするボディカラー以外に、アースカラーのシホンアイボリーメタリック、オフブルーメタリック、クールカーキパールメタリック、そしてデニムブルーメタリック、ブルーイッシュブラックパールなど、男性にもぴったりなボディカラーが用意され、ハスラーのエクステリアデザインの魅力を150%引き出す2トーンカラーも4万4000円高で用意されている。

後席は左右分割で160mmのスライド量を持ち、荷室の奥行拡大も可能(約280mm~445mm)。3~4名乗車での後席乗員と荷物の積載性の自由度は抜群と言っていい。



さらに、タフトにはないマイルドハイブリッド機構を全グレードに搭載。出足のモーターアシストによるスムーズさ、力強さ、燃費性能に貢献してくれるのだ。また、アイドリングストップ中でも一定時間、エアコン吹き出し口からの冷たい風をキープしてくれる蓄冷式エアコン=エコクールも完備している。タフトでは想定外の車中泊にも対応し、前席まで倒すことで全長約2040mmのベッドスペースが出現する。大人2人での就寝も可能というわけだ。



そんなハスラーのウィークポイントは、実は数少ない。重箱の隅をつつくように見れば、サイドブレーキが依然、足踏み式(機械)式で、そめため、ターボにしか用意されないACC(アダプティブクルーズコントロール)の渋滞追従機能のうち、停止後、ブレーキホールド機能がすぐに解除されてしまうといった物足りなさがある。どうしても、もう一つ挙げるとすれば、車中泊対応を優先した前席のホールド性のなさだろう。ベッド化するのを前提!?としたためか、サイド部分の出っ張りがなく、ホールド性はほぼない。したがって、カーブなどの走行では、上体が左右に振られやすいのである。とはいえ、それは勢いよくカーブやレーンチェンジをこなすときの話で、ゆったりゆっくり走っている分には、気にならない部分とも言える。



一方、タフトはどちらかと言えば、男臭い軽クロスオーバーである。そう、シープなどを連想させるワイルドなエクステリアデザイン、冒険心を目覚めさせてくれるようなインテリアデザインが特徴的で、斬新さではハスラーをリード。そして、なんと全車にスカイフィールトップというガラスルーフを標準装備。ハスラーにサンルーフ、ガラスルーフの設定はない。そのほかの装備面でもかなり充実していて、リヤカメラまで標準装備し、つながるクルマとなるダイハツ・コネクト、車内Wi-Fiの用意まであるほどだ。細かい話では、センターコンソールのスマホを置くのにちょうどいいトレーと充電用、接続用のUSBとの位置関係が素晴らしい。文句なしである。



実際にタフトに乗って感動できるのは、前席のかけ心地の良さだ。座面後端は体重でふんわり沈み込む分厚いクッション性で、背もたれの背中をやさしくかつ確実に包み込んでくれる絶妙な(フランス車のシートのようだ)サポート性もあり、上半身のブレが最小限で済むため、長時間の着座と、運転でも疲れにくく、またカーブなどではホールド感の良さから、より安心感あるドライブが可能になるのである。

今どきの軽自動車の660ccエンジンは、標準的なNAでも高速走行を(1~2名乗車/平たん路)なら無理なくこなす実力を備えているが、タフトの場合、ACCがGターボに標準化されるほか、タントでは望めない、NAのGグレードにも、スマートクルーズパックとして、レーンキープコントロールとともにオプション設定されているのだ(ステアリングスイッチは親指で操作しにくい位置にあるが/個人の感想)。しかも、軽自動車ではまだ数少ない電子パーキングブレーキを採用。運転席の足元に足踏み式ブレーキがないためスペース的にもすっきりし、アクセルを踏めば解除、シフトセレクターをPに入れればパーキングブレーキが作動する全自動。合わせて、これまた軽自動車では採用例の少ないブレーキオートホールド機能も搭載。一時停止時にブレーキを踏まなくていい、あれば絶対に便利、かつ右足の負担が減る好機能なのである。



価格面でもタフトは魅力的だ。スカイフィールトップやリヤカメラなどを標準装備しているだけでなく、実は、他車では割り増し価格になる2トーンカラーを無償!?としているのだ。もっとも、完全な2トーンカラーではなく、ダークガラスで黒く見えるルーフのスカイフィールトップの前を黒く塗っているため、疑似2トーンカラーに見えるマジックではあるのだが・・・(ブラックマイカメタリックのボディカラーだと、その恩恵には預れない)。

一方、タフトのこれまた数少ないウィークポイントととして挙げられるのが、後席にスライド機構をもっていない点だ。つまり、荷室の奥行を可変できない。ただし、これにはれっきとした理由があり、操作の簡便化、パーソナルユースの想定で、大きな荷物を積む際は、後席格納前提・・・といった割り切りがあるからだ。しかも、後席にスライド機構を持たせないと、レール分の約7cm、後席を低くセットすることができ、後席格納時のフロアがフラット化されるメリットもある。チョップドルーフ的な低全高ボディと後席頭上個空間とのバランスがとられた配慮とも言えるのだ。

これはウィークポイントというにはちょっと抵抗があるのだが、タフトの乗り心地は、ワイルドなデザインと合致させるため、エアーボリウムのある大径15インチタイヤを奢っていても、あえてけっこうしっかり硬めに設定されている。もし、タフトのエクステリアデザインで、乗り心地がフワフワしていたら、拍子抜けするに違いない。もっとも、硬さをモロに感じるのは、段差やマンホール越えぐらいで、良路なら軽自動車の粋を超えた剛性感ある乗り味を堪能させてくれるし、走行距離が伸びれば、少しずつマイルドになる傾向はある。こればかりは好みがあるだろうから、実際に試乗してみて判断していただきたい。ちなみに、タフトのターボモデルに装備されるパドルシフトは、設定なしである。

さて、そんなハスラーとタフトの関係性から結論づけられる、どんなユーザーに向いているのかの独断的結論は、ワイルドなデザインや割り切った前席優先パッケージ、スカイフィールトップの気持ち良さ、ダイハツ・コネクトを含む先進機能&装備、ACCの機能の高さなどで選ぶなら、”男気”もあるタフトが良さそうだ。一方、ピンク×ホワイトなどの可愛いボディカラーも選べ、荷室のアレンジ性、後席使用時の荷物の積載能力、クラスを超えた絶品・上質な乗り心地、4WD車の走破性の高さ、車中泊の対応性(車中泊用アクセサリーも充実)にこだわり、多彩なボディカラーの用意から男女を問わず、毎日の生活を彩ってくれる相棒として選ぶならハスラー・・・という感じだろうか。

オヤジ世代であり、悪路や雪道走行より、街乗り、ライトなアウトドア、高速走行の機会が多いボクとしては、先代、現行型が街に溢れている、しかし悪路や雪道にめっぽう強い(4WD)ハスラーより、新鮮で男臭く、オヤジが乗っても渋くハマリそうな、アースカラーのタフトGターボにそそられているところではある。しかし、アロハシャツがこれほど似合う軽自動車もほかにないのではないだろうか・・・。

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します