サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリが態度一転、2022年以降のPU開発凍結に賛同「未来を見据えて行動しなければ」

ここから本文です
 ホンダが2021年限りでF1でのパワーユニット(PU)供給活動を終了することを受けて、F1はここ数週間、来年以降のPU開発凍結の可能性について議論を行なってきた。

 現在ホンダPUの供給を受けているレッドブルとアルファタウリは、ホンダからPU開発プロジェクトの知的財産を引き継ぎ、2021年以降も同PUを使い続けたいと考えているが、自分たちで開発を続けていくことは困難であるため、このプラン実現のためには2022年以降のPU開発凍結が必要だと強調している。

おすすめのニュース

サイトトップへ