サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 道の駅「奥永源寺渓流の里」で自動運転サービスを本格導入へ…中山間地域における生活の足

ここから本文です

国土交通省は4月16日、中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービスとして道の駅「奥永源寺渓流の里」で4月23日からスタートすると発表した。全国2カ所目の本格導入で、路車協調の自動運転システムとなる。

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における生活の足を確保するため「道の駅」などを拠点とした自動運転サービスの実証実験を2017年度から全国18カ所で実施してきた。

今回、技術面やビジネスモデルに関する実験結果を踏まえ、全国で2カ所目となる本格サービス導入が4月23日から道の駅「奥おく永源寺渓流の里さと」(滋賀県東近江市)でスタートする。

おすすめのニュース

サイトトップへ