サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1が疑い続けるメルセデスのリヤウイング、FIAの新テストにも合格

ここから本文です

 F1第20戦カタールGPの週末、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、絶え間なくメルセデスのリヤウイングの合法性への疑問を投げかけ、違法である証拠を見つければ抗議を行うと述べていた。

 メキシコとブラジルでのメルセデスのストレートラインスピードは「普通の状態ではない」と言うホーナーは、メルセデスのリヤウイングのメインプレーンがある速度以上になると後方にたわみ、空気抵抗を減少させていると主張。ウイングのエンドプレートについた擦り傷がその証拠であるとも述べた。

リヤウイングの振動に悩むレッドブルF1、サウジアラビアGPに向けて問題解決を目指す

 これを受け、カタールでFIAはウイングに関してより厳しい荷重テストを導入した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ