サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台

ここから本文です

 この記事をまとめると

■国産大衆車のパーツがスーパーカーに使用されていたケースがある

アフター要らずの衝撃! あまりにカッコイイ国産6メーカーの純正ホイールとは

■デザインが自然に馴染んでおり、言われないとわからないような物も

■元のパーツの値段は安価なはずだが、流用先のメーカーから取り寄せた際の金額は不明だ

 そのパーツ、じつはお馴染みのあのクルマと一緒でした

 先日発表された“軽タハム”ことケータハム セブン170は先代に引き続きスズキ製の660ccエンジンが搭載され、日本国内では軽自動車として登録できるモデルとして話題を集めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン