サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「六本木のカローラ」「小ベンツ」がすっかり死語となった令和3年末に思うこと

ここから本文です

今から30年以上昔のあのバブルの頃のクルマ事情を振り返ってみた。

平成最後の桜を愛でながら、古いクルマのオーナーの1人として感じたこと

言わずもがな、その頃から変わったことがたくさんある。例えば最近高くなったガソリンも、同時はレギュラーであれば1リッターあたり100円以下、軽油にいたっては70円前後、出始めだったハイオクでも110円しなかったように思う。



今と比べると随分安かった。それだけは確かだ。



そして、自動車に関連する法律も税制も大きく変わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン