サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「マイケル、青旗だ」メルセデスF1代表の珍しい訴え。FIAとチームの無線公開は新たな取り組み

ここから本文です
 FIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは、第4戦スペインGPの決勝レース中に、メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフがニキータ・マゼピン(ハース)に関してレースコントロールに不満を訴えたことについて、ウォルフのレース中の介入は“非常に珍しいこと”だったと述べている。

 ハースのルーキーであるマゼピンは、今シーズンのすべてのレースウィークで少なくともひとりはドライバー仲間を怒らせている。マゼピンはフリー走行やレースにおいて、しばしば他のマシンの進路に入り込んでいるのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン