サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 発売を熱望! 日本にも導入してほしい魅力的ルノー車5選!

ここから本文です

発売を熱望! 日本にも導入してほしい魅力的ルノー車5選!

 フランス本国のルノーは3月10日からクーペルックのミドルSUVとなる「アルカナ」を欧州に投入することを発表した。日本への導入があるのか? 気になるモデルだが、カッコいいクーペSUVなのでぜひ日本でも発売して欲しいところだ。

 というわけで、ここではルノーの新型車であるアルカナを紹介するとともに、そのほかにも日本にも導入して欲しいルノー車を、国内ではあまりライバル車がないモデルを中心にピックアップしてみた!

544馬力のEVのスーパーSUV レクサスLF-ZはEVのSUV世界一か?

文/永田恵一  写真/RENAULT

【画像ギャラリー】日本国内ではお目にかかれない注目のルノー車をご紹介!!

■ルノー新型SUVのアルカナってどんなクルマ?

2021年3月10日、欧州にて受注開始したルノーアルカナ。メルセデスベンツGLCクーペのような流線型のフォルムをなしている

 アルカナは2018年のモスクワモーターショーに市販前提のコンセプトカーが出展され、翌2019年にロシアで市販車が、2020年に韓国でルノーサムスン版となる「XM3」、そして2021年に欧州仕様、という順で登場している。

 ロシア仕様のアルカナはルノーとモスクワ市政府による合弁企業であるアフトフラモスで生産され、クルマの土台となるプラットフォームは日産ルノーアライアンスにおいて主に新興国向けの低価格車に使われている「B0+」を採用。

 それに対し韓国と欧州仕様のアルカナは韓国のルノーサムスン製で、プラットフォームは日産ノートやルノールーテシアの現行モデルなどに使われる「CMF-B」を使うなど、2720mmのホイールベース自体や見た目はほぼ同じなのに中身は別のクルマと、非常に紛らわしい。

 ちなみに、CMF-Bフォームのようにコンパクトクラスとミドルクラスでプラットフォームが共用できるというのは、日産ルノーアライアンスのプラットフォームが持つ拡張性の広さの表われともいえそうだ。

 この点はさておき欧州仕様のアルカナを紹介していきたい。

新型アルカナは日産ノートと同じCMF-Bプラットフォームを採用している。パワートレーンは1.3Lターボエンジン+1モーターのマイルドハイブリッドと1.6Lエンジン+2モーターのフルハイブリッドを用意

 まずボディサイズは全長4568mm×全幅1821mm×全高1576mmとミドルSUVのド真ん中といったところで、エクステリアでは特に側面から見るとベンツGLCクーペを小さくしたようなイメージを持つ点が目を引く。なお、最低地上高はファッション性重視のSUVとしては充分な高さで200mmが確保されている。

 インテリアは液晶メーターと大型モニターに加え、カーボンパネルを使うことなどによりコンセプトを反映したスポーティな雰囲気となっている。

 パワートレーンは、ベンツAクラスなどにも搭載される1.3Lの4気筒直噴ターボエンジン+超小型モーターに7速DCTを組み合わせたマイルドハイブリッド(TCe140)と、1.6Lの4気筒エンジン+2モーターのフルハイブリッド(E-TECH145)の2タイプを設定。駆動方式はFFのみとなる。

 グレード体系はTCe140、E-TECH145それぞれにベーシックな「ゼン」、充実した装備が加わる「インテンス」、スポーティな「RS」ラインが設定され、価格は2万9700ユーロ(約384万円)からである。

 アルカナはロシア仕様もあるなど、わかりにくいところもあるが、ルノーらしい個性的なモデルとして日本への導入も期待したいところだ。

■そのほかにもある! 日本でも発売して欲しいルノー車


●クウィッド

クウィッドは新興国市場で投入されている小型クロスオーバー。インドでは約47万円~と低価格で販売されている

 クウィッドはインド、ブラジル、インドネシアといった新興国に向けた、コンパクトカーのなかでも小さい欧州流に表現するとAセグメントに属するクロスオーバー。日本車ではインドなどで販売されるスズキのエスプレッソに近い存在だ。

 クルマの成り立ちは日産ルノーアライアンスのCMF-Aプラットフォーム、つまり日産デイズや三菱eKの現行型軽自動車が使っているものを全長3731mm×全幅1579mm×全高1490mm、ホイールベース2422mmに拡大。

 エンジンも日産と三菱の軽自動車が使う3気筒の排気量違い(0.8Lと1.0L)を搭載しており、このクウィッドもまた日産ルノーアライアンスが持つ基本コンポーネンツの拡張性の広さを感じさせる。

 クウィッドはインドで31万2800ルピー(約47万2000円)からという低価格車ながら、雰囲気の明るい内外装がなかなか魅力的だ。


●ZOE(ゾエ)

コンパクトEVのZOE(ゾエ)。写真は2019年登場の2代目モデル。気になる航続距離は386km~395km。フランスでは約420万円から販売されている

 ZOEは2019年登場の現行型で2代目モデルとなる電気自動車のコンパクトカーで、ルーテシアを電気自動車にしたイメージを持つ。

 電気自動車で気になるバッテリー容量は52kWhで、モーターは108馬力仕様(航続距離395km)と135馬力仕様(航続距離386km)の2つがあり、バッテリー搭載量と航続距離のバランスも良好だ。

 フランスでの価格は3万2500ユーロ(約420万円)からとなっており、日本にもプジョーe-208と同等の価格で導入されれば面白い存在となりそうだ。


●グランセニック

グランセニックは、BMWでいうところの2シリーズグランツアラーに近いパッケージング。3列シートを有する7人乗りのミニバン

 ルノーは初代メガーヌのバリエーションだったセニックで、2BOXカーで最大限広いキャビンを確保したスペースワゴンというジャンルを開拓したメーカーである。

 2代目モデルまで日本にも導入されたセニックだが、2代目モデル以降はメガーヌシリーズから独立したモデルとなり、2列シートワゴンのセニックのほかに、7人乗り3列シートとなるグランセニックも加わっている。

 つまりセニックとグランセニックの関係は、順番はセニックの方が先だが、BMW2シリーズのアクティブツアラーとグランツアラーと同様のものである。

 2016年に登場した現行型の4代目グランセニックは、セニックに対しホイールベースも含め全長がストレッチされており、2列シートが広くなっている点も特徴だ。グランセニックは日本に導入されると、2列目シートまでの居住性とラゲッジスペースの広さを優先したミニバンとして意外な人気を集めるかもしれない。


●エスパス

エスパスは全長4857mm×全幅1888mm×全高1677mmの大型ミニバン。乗車定員は7人

 1984年に登場したエスパスの初代モデルは欧州車のミニバンのパイオニアとなるモデルで、2代目モデルでは当時ルノーがF1のウィリアムズチームに供給していたV10をミッドに搭載し、2列目シートも持つという遊び心に溢れたコンセプトカーがあったことも話題になった。

 2015年登場の現行型5代目モデルはホンダオデッセイの全幅を広げたイメージの3列シートを持つ7人乗りのミニバンで、グランセニックを拡大した大型スペースワゴン的な存在だ。

 エスパスは4代目モデルまでのオデッセイのようにスライドドアでなくヒンジドアを使っている点など、「ミニバンとしても使えるけどフォーマルな雰囲気を持つ」というキャラクターを備えている。今の日本ならマツダCX-8などの3列目シートSUVと迷える存在となるかもしれない。


●トラフィック

商用バンのトラフィック。乗用モデルの9人乗り仕様は1~3列目のすべてが3人掛けという珍しいシート配置を採用。マニアックな存在だけに、日本に導入されれば注目の的となること間違いなし!?

 トラフィックはラージ商用バンのマスターの乗用車版で、日本車で例えるならグランエースのような存在だ。トラフィックもグランエース同様にいい意味でのミニバス的な魅力を備えている。

 トラフィックは欧州では日産にNV300として供給されているだけに「日産でNV300を売ればいい」とも感じるが、非常にマニアックなモデルなだけに日本ではマニアックなユーザーが多いルノーブランドのほうで売るという手もありそうだ。

■限定台数でもいいので日本で販売してほしい!

 このように日本で販売されないルノー車にも魅力的なモデルは多い。とはいえ、日本でのこれまでの販売台数を考えるとルノージャポンに「ラインナップを増やして欲しい」というのは酷なのも事実である。

  それだけにルノージャポンにはこの種のモデルも、実験的な何らかの限定販売でもいいので、日本への導入を期待したいところだ。

【画像ギャラリー】日本国内ではお目にかかれない注目のルノー車をご紹介!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します