現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 2021年で生産を終えるロータス エリーゼとエキシージ、特別装備のファイナルエディション登場

ここから本文です

2021年で生産を終えるロータス エリーゼとエキシージ、特別装備のファイナルエディション登場

掲載 更新 2
2021年で生産を終えるロータス エリーゼとエキシージ、特別装備のファイナルエディション登場

Lotus ELISE Final Edition / EXIGE Final Edition

ロータス エリーゼ ファイナルエディション/エキシージ ファイナルエディション

フェラーリを担う未来のドライバーがマラネッロに集結。アカデミー初の女性ドライバーもメンバー入り

最終生産仕様のうち3台のみ日本に上陸

新たな時代へ進み始めたロータスカーズは、新型スポーツモデル「Type 131」の導入に合わせて、これまで主力モデルを担ってきた「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産終了を決定。最新のアナウンスでも発表されているように、それぞれ25周年と21周年を迎えたロータスの象徴であるエリーゼとエキシージは、その歴史にピリオドを打つことになる。

エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの生産は2021年後半に終了。最終的な合計生産台数は約5万5000台になる。これらを合わせると、最初のロータス製車両が1948年に生産されて以来、ロータスのロードカー総生産量の半分以上を占めることになる。

今回、これらの伝説的なモデルに敬意を表し、ロータスはより高いパワー、豊富な標準装備、そして真のロータススタイルでもある“軽量化”を兼ね揃えた、3台の「ファイナルエディション」を日本に導入。ファイナルエディションはエリーゼとエキシージの究極バージョンとなり、20年以上にわたるエンジニアリングが培った卓越性と技術開発の頂点を示す存在となる。

日本に導入される3台のファイナルエディション(エリーゼが1台とエキシージが2台)は、ユニークなボディカラー、ファイナルエディション・オリジナル外装デカール、新しいホイールフィニッシュ、ニュートリム、そしてファイナルエディション ビルドプレートが標準で採用される。

Lotus ELISE SPORT 240 Final Edition

ロータス エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディション

最高出力243psを発揮する1.8直4スーパーチャージャー

エリーゼは近代ロータスの象徴的な存在であり、2021年に生産25周年を迎える。今回1台のみが日本に導入される「ファイナルエディション」は、高い希少性が約束された存在となる。

「エリーゼスポーツ 240 ファイナルエディション」は、キャリブレーション変更により23psのパワー増を果たしたエリーゼ スポーツ 220の後継モデル。最高出力243psと最大トルク24.9kgm(244Nm)を発生する1.8リッター直列4気筒スーパーチャージドエンジンは、実用的なパフォーマンスとクラス最高レベルの効率を提供するべくチューニングされている。

1トンあたり263.6psのパワーウェイトレシオにより、0-100km加速は4.5秒を実現。CO2排出量177g/kmは、このパフォーマンスに対して非常に低い数値となっている。

10スポークアンスラサイト軽量鍛造アルミホイール(フロント6Jx16インチ、リヤ8Jx17インチ)を標準装着。これはエリーゼ スポーツ 220の標準ホイールよりも1本あたり0.5kgも軽量となり、ヨコハマ製「Advan Sport V105」タイヤ(フロント195/50R16、リヤ225/45R17)と組み合わされる。

オプションの「カーボンフロントアクセスパネル」「カーボンテールゲート」「カーボンシルカバー」などのカーボンパネル、リチウムイオンバッテリー、ポリカーボネート製リヤウインドウにより、更なる軽量化も可能。すべての軽量オプションを選択することで、車重は922kgから898kgという数値を実現している。

2種類のTFTデジタルダッシュボードを採用

ファイナルエディションでは、インテリアにも大きな変更が加えられた。最も大きな違いは、2種類のスクリーンから選択できる新しい「TFTデジタルダッシュボード」だろう。ひとつは従来のダイヤルセットを備え、もうひとつはデジタル速度の読み取りとエンジン回転数のバーを備えた、レーシングカースタイルとなる。

ステアリングホイールも新デザインとなり、レザーとアルカンターラで美しく覆われている。そして背の高いドライバーにも対応できるよう、足元のクリアランスを確保するためにフラットボトムデザインタイプが採用された。すべての車両には「ファイナルエディション」のビルドプレートに加えて、新しいシートトリムとステッチパターンを装備した。

エリーゼ スポーツ 240にはエリーゼとロータスの過去の配色を思い起こさせる新色を導入。1996年に初めてメディアに発表された最初の生産車両の「アズールブルー」が選ばれている。

Lotus EXIGE SPORT 390 Final Edition

ロータス エキシージ スポーツ 390 ファイナルエディション

エアロを最適化し、115kgものダウンフォースを発生

エキシージ スポーツ 390 ファイナルエディションは、生産終了した「エキシージ スポーツ 350」の後継モデルとなる。キャリブレーションを変更し、チャージクーリングを備えたエーデルブロック製スーパーチャージャーを装着。52psパワー増の最高出力402ps、最大トルク42.8kgm(420Nm)を発揮する。1138kgの車両重量との組み合わせにより、最高速度は277km/h、0-100km加速3.8秒を実現した。

エアロダイナミクスは慎重にバランスが最適化されており、最高速度域においてリヤが70kg、フロントが45kgの合計115kgに及ぶダウンフォースを発生。この強大なパワーを路面にしっかりと伝えるため、10スポークシルバー軽量鍛造アルミホイール(フロント7.5J×17インチ、リヤ10J×18インチ)と、ミシュラン製パイロット スポーツ4タイヤ(フロント205/45ZR17、リヤ265/35ZR18)を装着する。

Lotus EXIGE SPORT 420 Final Edition

ロータス エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション

最高速度は290km/h、エキシージ最速モデル

エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディションは、10psのパワーアップを達成する生産終了した「エキシージスポーツ410」の後継モデル。エキシージ スポーツ 420はエキシージ最速モデルとなり、最高速度は290km/h、0-100km加速は3.4秒を達成している。

車両重量は1110kg、スーパーチャージャー&インタークーラー搭載のV型6気筒エンジンは、最高出力426ps(1トンあたり383.8psのパワーウェイトレシオ)と、最大トルク43.5kgm(427Nm)を発揮する。

調整可能なアイバッハ製「アジャスタブル・フロント&リヤアンチロールバー」、ナイトロン製「フロント&リヤ3ウェイアジャスタブルダンパー」は、高速/低速コンプレッションで3段階のダンピング微調整が可能。また、10スポークアンスラサイト軽量鍛造アルミホイール(フロント7.5J×17インチ、リヤ10J×18インチ、シルバーとの選択)と、ミシュラン製パイロット スポーツ カップ2」タイヤ(フロント215/45ZR17、リヤ285/30ZR18)を装着する。

ブレーキには、APレーシング製「フロント&リヤ4ポッド・ブレーキキャリパー」と、APレーシング製「2ピースJフックベンチレーテッド・ブレーキディスク」を装着。熱容量が⼤きく⾷いつき感に優れたこのブレーキディスクは、摩耗粉がたまりにくく安定したペダルタッチと⼤きな制動⼒を実現した。

【車両本体価格(税込)】

ロータス エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディション:777万7000円
ロータス エキシージ スポーツ 390 ファイナルエディション:1177万円
ロータス エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション:1397万円


【問い合わせ】
ロータス コール
TEL 0120-371-222

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
レスポンス
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
LE VOLANT CARSMEET WEB
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
レスポンス
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
くるまのニュース
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
motorsport.com 日本版
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
WEB CARTOP
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
レスポンス
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
くるまのニュース
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
motorsport.com 日本版
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
AUTOSPORT web
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
乗りものニュース
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
VAGUE
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!?  5500万超えの最強モデルとは
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!? 5500万超えの最強モデルとは
くるまのニュース
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
motorsport.com 日本版
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
モーサイ
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
AUTOSPORT web
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
Webモーターマガジン
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

2件
  • たった3台..しかも各モデル1台!?って最初から購入者決まってるのでは?
  • エリーゼがなくなるなんて、残念でなりませんが、Type 131が魅力的な車両として登場することを願います。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

662.0777.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

314.61030.0万円

中古車を検索
エリーゼの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

662.0777.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

314.61030.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村