サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「非常に愚かなミス」クラッシュ喫した角田裕毅にレッドブルF1首脳が苦言

ここから本文です
 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP後、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅の週末を振り返り、予選のクラッシュは「愚かなミス」だったと苦言を呈した。

 アルファタウリ・ホンダは週末を通して速さを発揮しており、ピエール・ガスリーは予選5番手を獲得した。しかし角田はQ1の最初のラップでクラッシュし、マシンを壊してしまい、タイムを記録することができなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン