現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!

ここから本文です

燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!

掲載 12
燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!

 スバルは2024年5月28日、トヨタとマツダと3社共同でワークショップを実施し、そのなかでスバルの象徴ともいえる水平対向エンジンにトヨタのTHSIIを組み合わせたストロングハイブリッドを初めてメディアに公開。これが未来のスバルの源になる!

文:ベストカーWeb編集部・渡邊龍生/写真:ベストカーWeb編集部、スバル

燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!

■ついにトヨタのシステムを組み込んだ次世代e-BOXERを公開!

擬装が施された現行型クロストレックには次世代e-BOXERプロトタイプが搭載されていた

 都内で発表されたスバル、トヨタ、マツダの3社によるワークショップだが、会場内には擬装が施されているスバル車が置かれていた。それがボンネット内の搭載エンジンが丸見え状態となっていた現行型クロストレックだ。

 そう、このクロストレックこそスバルの次世代e-BOXERだ。今回のワークショップ開催に当たり、初めて実物の次世代e-BOXERが公開されたことになる。また、ユニット自体もプロトタイプが初公開された。

報道陣に初めてプロトタイプが公開された次世代e-BOXER

 展示車のクロストレックには、スバルロゴのカバーが装着された水平対向エンジンにトヨタのハイブリッドシステムであるパワーコントロールユニットが装着されていた。

 この日、技術説明を行ったスバルの藤貫哲郎CTOによれば、次世代e-BOXERはスバルらしさを継承するハイブリッドシステムとのこと。これまでの2Lマイルドハイブリッド、e-BOXER(インプレッサ、クロストレック、フォレスターが搭載)はパラレル式のハイブリッドだったため、燃費数値的にはあまり寄与しないものだった。

次世代e-BOXERがどのようなモデルになるのかをレクチャーするスバルの藤貫哲郎CTO

 マイルドハイブリッドのe-BOXERは小型のモーターとバッテリーを使っているため、モーターからのサポートが少なく、どうしても燃費性能をアップさせることができないままでいたからだ。



記事リンク















前の記事





ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!















次の記事





ついにスバルがトヨタハイブリッドを搭載!! 次世代[e-BOXER]が大幅進化……スバルの決算が好調だったワケ















■2025年から次世代e-BOXERの生産開始へ

3社のワークショップ会場内で展示された次世代e-BOXERプロトタイプ

 これが次世代e-BOXERになると、エンジンからの動力はジェネレーターを介して効率のいいほうに分配されるシリーズ・パラレル方式に変更される。定評のあるTHSの効率の高さは実燃費性能の高さに表れているが、これがスバル車に採用されることでスバルのアキレス腱ともいわれる燃費性能は劇的に向上し、ひいては念願のCAFE(企業平均燃費)クリアが見えてくる。

 すでに2024年5月13日、スバルは2024年度3月期決算説明で、次世代e-BOXERを新型フォレスターだけでなく、クロストレックにも展開することをアナウンスしていた。

2024年秋から次世代e-BOXERのトランスアクスル生産が開始される

 次世代e-BOXER用のトランスアクスルについては2024年秋から生産開始することを明らかにしており、また2025年から次世代e-BOXER車を本工場と矢島工場で生産するとしている。

 公開された水平対向エンジン+THSのエンジン排気量が2Lなのか、2.5Lなのかは明らかにされていないが、燃費的には2Lを採用するのが妥当とも思える。いずれにせよ、筆者がディーラーサイドからキャッチしていた「現行型RAV4のシステムを流用する」との情報が正しかったことが証明された。

■クロストレック、新型フォレスターともに2024年秋発表か?

2024年度3月決算では初めてクロストレックにも次世代e-BOXERが投入されることを明言

 クロストレックが日本で発売開始されたのが2022年12月。そうなると今回、発表されたクロストレックの次世代e-BOXER車は2024年秋に発表され、実際の発売開始は2025年春というスケジュールを踏むことになりそうだ。

 そして、すでに北米では2023年11月に発表され、新型6代目モデルが今春から発売となっているフォレスター。日本導入時には、このクロストレックと同じく次世代e-BOXER車が設定されるのは間違いないだろう。新型フォレスターはやはり2024年秋発表という線が濃厚。

北米では新型に切り替わっているフォレスターも日本導入時には次世代e-BOXERを採用へ

 いずれにせよ、3社共同のワークショップで披露された内容で、最も早く3社のなかで市販にこぎつけるのは次世代e-BOXERだ。今から期待して待ちたい!

【画像ギャラリー】いよいよ今秋登場へ! スバル初のストロングハイブリッド車はクロストレック、次いで新型フォレスターか(13枚)

投稿 燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ついに見えた全貌!! 新型[フォレスター]は2.5Lトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載で日本登場へ
ついに見えた全貌!! 新型[フォレスター]は2.5Lトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載で日本登場へ
ベストカーWeb
確定情報入手!! [クロストレック]のトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載モデルがついに8月登場
確定情報入手!! [クロストレック]のトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載モデルがついに8月登場
ベストカーWeb
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
ベストカーWeb
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
ベストカーWeb
「樹脂部品もバッテリーも取っちまえ!」スズキ社長大胆発言がすげー アルトが100kgの軽量化に挑む!! まさかの車重500kg台ってマジなんですか!!!!!
「樹脂部品もバッテリーも取っちまえ!」スズキ社長大胆発言がすげー アルトが100kgの軽量化に挑む!! まさかの車重500kg台ってマジなんですか!!!!!
ベストカーWeb
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
ベストカーWeb
[中は大を兼ねる!!]扱いやすくて見た目も立派!! だったらSUVはミドルサイズで決まりでしょ!
[中は大を兼ねる!!]扱いやすくて見た目も立派!! だったらSUVはミドルサイズで決まりでしょ!
ベストカーWeb
マツダが“白い”新型「和製スポーツカー」実車公開! 「ロータリー」搭載の「ISP」なぜホワイトに? デザインも異なる「内装なしモデル」の正体とは
マツダが“白い”新型「和製スポーツカー」実車公開! 「ロータリー」搭載の「ISP」なぜホワイトに? デザインも異なる「内装なしモデル」の正体とは
くるまのニュース
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
スズキの新「コンパクトSUV」はライズやWR-Vの強力なライバル! クーペルックがおしゃれな“欲張りSUV”新型「フロンクス」の気になる新情報とは
スズキの新「コンパクトSUV」はライズやWR-Vの強力なライバル! クーペルックがおしゃれな“欲張りSUV”新型「フロンクス」の気になる新情報とは
VAGUE
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
くるまのニュース
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
ベストカーWeb
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
ベストカーWeb
ホンダ新型「すごいSUV」登場に大反響! 日本初の"超進化"で悲願の「国内復活」果たす! 夏に発売の「CR-V」中国で実車公開
ホンダ新型「すごいSUV」登場に大反響! 日本初の"超進化"で悲願の「国内復活」果たす! 夏に発売の「CR-V」中国で実車公開
くるまのニュース

みんなのコメント

12件
  • you********
    RAV4のハイブリッドはe-fourで後輪はモーターのみの駆動で全くシステムが違う
    ハイブリッドシステムを水平対向エンジンに合わせて開発してるのに、どこをどう見たらRAV4のシステム流用という情報が正しかったなんて話になるのか
    記事書いたやつ知識浅すぎだろ
  • おめでとうスバリスト
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

266.2328.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

219.9390.6万円

中古車を検索
クロストレックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

266.2328.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

219.9390.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村