サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本人初のトライアル世界王者“フジガス”藤波貴久が2021年シーズン限りでの引退を発表

ここから本文です
 9月15日、ホンダはホンダ・レーシング(HRC)の契約ライダーで、2004年に日本人として初めてFIMトライアル世界選手権のチャンピオンを獲得したレプソル・ホンダ・チームの藤波貴久が、2021年シーズン限りで引退すると発表した。世界選手権での26年間のキャリアに終止符をうつ。

 藤波は1980年三重県生まれ。3歳からモトクロスを始め、自転車トライアルなども経験した後、1993年には13歳で全日本トライアル選手権に参戦し、1995年には最年少の15歳で全日本トライアル選手権のタイトルを獲得。1996年から世界選手権に参戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン