サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「プリウス」42万台リコール シートベルト警報装置に問題のおそれ

ここから本文です

トヨタ「プリウス」42万台リコール シートベルト警報装置に問題のおそれ

トヨタ「プリウス」42万台リコール シートベルト警報装置に問題のおそれ

 トヨタ自動車は1月29日、ハイブリッド車「プリウス」など計4車種のシートベルトに問題が見つかったとして、2014年10月~2019年7月に製造された合計41万8929台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出ました。

 対象は「プリウス」「プリウスPHV」「プリウスα」と「メビウス」(ダイハツ)の計4車種。

うぉぉでけぇぇ! トヨタ、4列シートの高級巨大ワゴン「グランエース」ズドンと発表【写真45枚】

 問題が見つかったのは、運転者席のシートベルトの非装着時警報装置。シートベルトのバックル内の警報スイッチ接点の組付けが不適切なため、シートベルトの脱着を繰り返すことで接点が異常摩耗し、接点間に摩耗粉がたまるとショートしてしまい、シートベルトを正しく装着した場合でも警報が解除されないおそれがあるとのことです。

 不具合件数は114件見つかっていますが、この件での事故はないとしています。

 リコール対象の全車両について、バックルを点検し、該当する場合はバックル内の警報スイッチかバックルを交換します。使用者にはダイレクトメールなどで通知するとのことです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します