サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > うっかり飛びついたのが不幸の始まり 激安スーパーカー購入後に待ち受ける試練とは?

ここから本文です

うっかり飛びついたのが不幸の始まり 激安スーパーカー購入後に待ち受ける試練とは?

 クルマを愛する者であれば、誰も一度は憧れたことがあるはずのスーパーカー。だがスーパーカーとはスーパーなカーだけあって、その車両価格は天文学的である。

 いや天文学的というのは少々大げさだが、新車を買うとなれば3000万円、4000万円は当たり前であり、中古車を買うにしても、1000万円あるいは2000万円以上は必要となる場合がほとんどだ。

その轟音はフェラーリだ!! “究極の乗り物”宇宙ロケットに乗るならヴァージンかブルーオリジンか?

 1000万円や2000万円というのは、筆者を含む多くの者にとってはそう簡単に拠出できるマネーではない。だが中古車検索サイトなどを覗いていると「妙に安いスーパーカー」を見かけることもある。具体的には「車両価格700万円のフェラーリ 360モデナ」などだ。

 「……700万円なら無理すればなんとかならなくもないから、この際、無理しちゃおっかな?」などと思うと同時に、「いや待て待て! 買った後に地獄を見るかもしれないぞ?」と、冷静に思う自分もいる。

 実際のところはどうなのか? 取材に基づく「激安スーパーカー購入後のリアル」を中古車事情に精通する伊達軍曹が解説していく。

文/伊達軍曹
写真/フェラーリ、ポルシェ

【画像ギャラリー】うっかり買ってはいけない激安スーパーカーを写真でチェックしていいクルマを選ぼう!!

■700万円のフェラーリ360モデナの中古購入後に待ち受ける試練とは

 まずは冒頭でも申し上げたフェラーリ360モデナ。フェラーリ360モデナは、大人気モデルであった「F355」の後を受けて1999年に登場し、2005年まで販売されたV8ミドシップフェラーリ。

1999-2005年 フェラーリ360モデナ F1。F355は底値でも約1200万円だが360モデナの底値は約700万円なので安く感じてしまいがち

 搭載されるエンジンは最高出力400psの3.6L、V8DOHCで、トランスミッションは6MTまたは6速セミAT(F1マチック)。日本仕様の新車価格は1758万~2026万円だった。

フェラーリ360モデナのインテリア。6速セミオートマチックのF1マチックは、ステアリングコラム両サイドに設置されたパドル操作で変速可能

フェラーリ360モデナの3.6L V型8気筒 DOHC 5バルブエンジン。自然吸気の400ps/38.0kgmで6MTまたは6速セミオートマチックのF1マチックと組み合わされる

 その中古車は1000万~1300万円付近が中心ではあるのだが、なかには車両価格700万円ぐらいの物件も散見される。

 ……700万円といえば高いは高いが、国産Lサイズミニバンの最上位グレードにフルオプションを付けるのと似たようなものといえば似たようなものであるため、「……いっそ買ってしまおうか?」とも思ってしまう微妙なプライスだ。

 しかし結論として車両価格700万円クラスの360モデナは、購入後に地獄を見るのがほぼ明らかであるため、やめておいたほうがいいだろう。

 もちろん何事も例外はあるので「絶対」ではないのだが、700万円級の360モデナF1は(言い忘れたが、このぐらいの値段で探せるモデナは6MTではなくセミATのF1マチックばかりだ)購入後、いきなり下記の事態に頭を悩ませる可能性がきわめて高いからだ。

●買った瞬間、F1マチックが逝く(修理代はおよそ60万円)
●買ってしばらくしたのち、タイミングベルトが要交換となる(交換費用はおよそ30万円)
●その他もろもろ、ほぼすべてが壊れる(修理代は算出不能)

 結局のところ、安く買った分の金額をすべて修理代として吐き出すことになるのだ。

 さらには、格安中古スーパーカーというのは「もともとの素性」が微妙ゆえに、どこかを直しても、また別の箇所が壊れて……といういたちごっこになる場合が多い。

 そしてそれに嫌気が差して売り払おうとすると、今度は「修復歴有り」だったことが判明して二束三文でしか売れず、莫大な残債のみが残る……という、「考えうるすべての悪いこと」が起きてしまう可能性を明確には否定できないのが、700万円級のフェラーリ360モデナF1である。

 もしもフェラーリ 360モデナを買いたいのであれば、おおむね1100万円以上の予算を用意したうえで「6MTの360モデナ」を探すべきだろう。

■500万円級のフェラーリモンディアルの結末

 では続いて、格安360モデナが駄目であるならば、「格安モンディアル」はどうだろうか?

 フェラーリ モンディアルは1980年から1993年まで製造販売された、「V8ミドシップなのに2+2(4座)である」という、ちょっと風変わりなミドシップフェラーリ。

1989-1993年 348と同じ3.4Lエンジンを縦置きに搭載したモンディアルT。モンディアルTの「T」はトランスミッションを横置き(トランスリバース)の意味で、F1マシン、312T(1975~1980)にちなんだもの

 現在流通しているモンディアルの中古車は最終世代の「モンディアルT」とそのカブリオレがほとんどで、これは3.2Lから3.4Lに拡大されたV8エンジンを、それまでの横置きから縦置きへと大変更して搭載した世代だ。

1989-1993年 フェラーリモンディアルTカブリオレ。クーペと同時に発表されたエレガントなフォルムのスーパーカー

 そんなフェラーリ モンディアルTであれば、ごく一部の個体は「車両価格500万円台」で探すこともできるのだが、これも、モノによっては“メンテナンスのいたちごっこ状態”となる可能性が高い。

 いたちごっこでも結論としてビシッと直ればいいのだが、格安中古スーパーカーは(まぁモンディアルがスーパーカーかどうかはさておき)そもそもの素性がイマイチだった場合、「いろいろ修理しましたが、結局は直りませんでした」となってしまうことも考えられる。

 そうなるともうカネと時間をドブに捨てるのと同じであるため、もしもモンディアルtおよびモンディアル カブリオレを狙うのであれば「車両価格700万円以上」をひとつの目安とするべきだろう。

■中古の水冷996型ポルシェ911を100万円台で買った場合に待ち受ける結末

 ポルシェの場合はどうだろうか? 新車の911ターボSやGT3を買うとなれば2000万円、3000万円以上の予算が必要となり、往年の中古車を探すにしても、964型空冷911の5MT車が欲しいとなると、最近はおおむね1000万円以上の総額となるのが当たり前になっている。

 だが、リアに搭載される水平対向6気筒エンジンが水冷化された最初の世代、すなわち「996型(1997~2004年)」のカレラであれば、車両価格170万円あるいは200万円ぐらいから探すこともできる。

1997年にデビューしたタイプ996。300ps/35.7kgmを発生する水冷3.4リッターフラット6を搭載。涙目型といわれたヘッドライトが特徴

 170万円か200万円といえば、最近の軽自動車にオプション装備をたくさん付けて買うのとほぼ同じ予算であるため、「いっそポルシェ911を……」と思う心を否定しようとは思わない。

 だが100万円台や200万円あたりの996型ポルシェ911は、正直やめておいたほうがいいだろう。

 996型911で有名な「インタミ問題」、すなわちエンジン内になるインターミディエイトシャフトのボルトとベアリングが走行中にオシャカとなり、エンジンがブローしてしまうという問題は、激安価格で買える前期型の996型カレラには基本的には関係がない。

 品質に問題があるベアリングを使っていたのは後期型で、前期型は耐久性的には問題のないベアリングが使われていたからだ。

2002年にマイナーチェンジした996後期型。ヘッドライトデザインが911ターボと同形状に変更。エンジンはバリオカムプラスを採用し、3.6リッターに拡大、320ps/37.6kgmを発生

 しかしポルシェ911のエンジンというのは、当然ながら「インターミディエイトシャフト(とベアリング)がOKなら、すべてOK」というわけではない。ほかにもいろいろ劣化し、悪さをし、結果としてエンジンをオシャカにしてしまう要素はたくさんあるのだ。

 その意味で、100万円台や200万円ぐらいの996型911カレラは多くの場合、歴代オーナーがろくすっぽメンテナンスをせず(下手をすればエンジンオイル交換すらせず)、そしてそれを仕入れて売る販売店もメンテナンスナンスらしいメンテはせず、「ルームクリーニングだけはやりました」みたいな状態で売りに出しているケースが多い。

 すると当然ながら、そういった個体のエンジンというのは「ゔ~ゔ~ゔ~」といったニュアンスの不吉な唸り音を発しながらアイドリングし、アクセルペダルを踏んでもあまりパワーが発生せず(ついでにエンジンマウントもダメになっているものだから、振動もひどく)、そのうちすべてがぶっ壊れる……ということも大いにあり得るのだ。

 ちなみに996型911のエンジンを新品に交換するとなると200万円ぐらいかかるが、200万円で買った中古ポルシェのエンジンを、200万円かけて交換する人はいないはず。つまり、結局は二束三文以下で手放すことになるのだ。

■まとめ

 以上のとおり、「激安スーパーカー」に夢はない。いや、もちろん超レアな例外がある可能性はあるが、基本的には「そこには夢も希望もない」と思っておくのが正解だ。

 仮に相場より300万円ぐらい安く買ったとしても、結局は300万円ぐらいの修理費がかかり、さらには元の状態がアレなものだから、「300万円かけたところで、もともと状態が良かった個体みたいにはならない」という、負のスパイラルが確定しているのである。

 もしもスーパーカーが欲しいのであれば、相場並みかそれ以上の予算を用意する以外に、シアワセへの道はない。

 高いかもしれないが、いいモノを買えば「乗ってシアワセ」であり、手放すときも「高く売れてシアワセ」ということになる。

 その逆の展開は……推して知るべしである。

【画像ギャラリー】うっかり買ってはいけない激安スーパーカーを写真でチェックしていいクルマを選ぼう!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します