サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マカオGP予選:新生マカオF3はユーリ・ヴィップスが驚速PP! 角田裕毅は20番手

ここから本文です

 第66回マカオGP FIA F3ワールドカップの予選は、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)が総合トップタイムを記録してポールポジションを獲得した。

 今年からFIA F3規格の車両によって競われるマカオGP。よりハイパワーなFIA F3車両にスイッチしたということもあり、昨年と比較して各車のラップタイムは大幅に向上した。

■角田裕毅、“勝負の”2020年へ。参戦カテゴリーは「ある程度決まっている」

 15日午前に行われたフリー走行ではヴィップスが2分06秒569でトップタイムを記録しており、昨年ダニエル・ティクトゥムが記録した2分09秒910というポールタイムを既に3秒以上更新。どこまでそのタイムが伸びるかに注目が集まった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン