サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ストライカーワークス バンディット1250S(スズキBANDIT1250S)ホイール換装に合わせて足まわりもコンバート【Heritage&Legends】

ここから本文です
機種適合パーツがなくてもカスタムは楽しめる
1995年のGSF1200に始まるスズキの現代大型ネイキッドは、’01年にバンディット1200となり、’06年にモデルチェンジ。その後’07年に油冷エンジン+キャブから水冷1254ccエンジン+FIとしたのが、バンディット1250。乗ればスズキらしい扱いやすさとオールラウンドさがしっかり全面に出たモデルだった。

そしてこの車両は、そのハーフカウルバージョン、バンディット1250Sを元にストライカーワークスで手を入れたものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ